晴れた日にあなたと (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

制作 : 木下 淳子 
  • 二見書房
3.84
  • (12)
  • (6)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576080383

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    幼い頃から盲目だったカーリーは、手術によってようやく視力をとりもどした。そんなある日、クラブでカウボーイのハンクに出会い、一夜限りの関係のつもりが図らずも妊娠してしまう。そのせいで再び視力を失い始め、経済的にも追いつめられたカーリー。その後彼女に再会したハンクは、事実を知り結婚を申し出る。だが人並みはずれた努力で積み上げてきた自立への希望を奪われ、絶望の淵に立たされたカーリーは頑なに心を閉ざし、やむなく“ある”条件つきで結婚の誓いを交わすが…。

    目が見えるようになる手術があっちこっちで登場。技術が進んでるのよね。
    シリーズものみたいなので、次も楽しみ

    Blue Skies by Catherine Anderson

  • 出会いは最悪、ヒーローハンクも馬鹿野郎だったけど、ヒロインカーリーを助けるため理解しようと努力し変化していく姿は素敵でした。ハンクの成長物語という感じです。
    妊娠した子供のための便宜的な結婚が本当の愛情に基づく結婚になるまでの紆余曲折がきちんと描かれてて、ハンクの家族たちもみんないい人。ラストの「この手はいつもここにある」のセリフに涙がウルウル。
    この作品も読後感がいいです。

  • 再読。
    ヒーローが主役というか、ヒーローの成長物語。
    序盤の失態は確かに碌でなしの所業。でも悪い人ではないのはそれからの行動でも分かる。
    ヒーローがヒロインを愛していく過程、それからヒロインへの献身っぷり、そしてヒロインのヒーローへの気持ち。全てが綺麗。
    エピローグは涙なしには読めません。

    「この手はいつもここにある」百点!

  • 手術により視力を取り戻したカーリー。
    ある夜クラブでカウボーイのハンクに逢い、一夜の関係を結び妊娠してしまう。
    そのせいで再び視力を失い始め、経済的にも追いつめられたカーリーを救うべく、ハンクは条件付きの結婚を申し出る。


    良かったー。
    この作者さん、優しい作風でいいね。
    最初の出会いは確かに最悪の結果になってしまったけれど、それからハンクが努力して一生懸命尽くすのを読んでたら、何度かホロリときたよ。
    カーリーの頑固さや頑なさも、同じ立場だったら本当によく分かると思う。
    信じるの怖いよね。いや、信じて裏切られて失うの怖いよね。

    読んでよかった。
    前作の「あなたに会えたから」の主人公たちローラとアイザイアの二人の恋物語の前のお話。
    読んでから順序逆だった?と思ったけどあってた。
    他にも色々登場人物見てると、別のストーリーも出そうなので楽しみ。
    他の話も是非読みたい。

    しかし、カテゴロはミステリ・コレクションになっとるけど、ミステリーの要素はどこにもない。
    そんなことは関係なく☆は4つ。
    素晴らしかったよ。

  • 究極のラブストーリー ハンクの深い愛にキュンキュンしっぱなしで胸が痛かった
    ヒロインは、強い、メチャ強い とにかく強い 鋼のような強靭な精神力の持ち主 それに比べ、アホなヒーロー(←いい年こいてなぜ避妊しないんだ)でも誠実カウボーイで救われた 
    それにしても、アメリカの保険制度って大変だな 

  • 本当にすばらしい作品でした。
    ロマンスはもちろん、読み手に
    生きることとは、健康であることとは?
    という人生において最もシンプルてありながら、最も大切な問いをこの作品は、カーリーの生き方を通して、我々に投げかけてくれています。
     

      

  • 牧場主のカウボーイ * 視覚障害の女性
    ロマンスというより難病モノ?! 私は自立してる(したい)のよ!系ヒロイン

  • 牧場主(共同経営)+26?27歳視力回復の手術をしたばかりの教師 [more]<br />酔ったヒーローは会ったばかりのヒロインと避妊せず車でことに及び、妊娠したヒロインはまた視力が失われるため復学を諦める。ヒーローは責任を取るため結婚を申し込む。<br /><br />前半はろくでなしヒーローと追い詰められヒロインで非常に好みw<br />実は、ろくでなし部分にも理由があり、中盤以降はヒロインに誠実であろうとしている。<br />ヒロインは元々は独立しており、人に頼らなければならないのが辛いし、またヒーローが目の見えない人間と同居するのは無理だとも思っている。<br /><br /><blockquote>内容(「BOOK」データベースより)<br />幼い頃から盲目だったカーリーは、手術によってようやく視力をとりもどした。そんなある日、クラブでカウボーイのハンクに出会い、一夜限りの関係のつもりが図らずも妊娠してしまう。そのせいで再び視力を失い始め、経済的にも追いつめられたカーリー。その後彼女に再会したハンクは、事実を知り結婚を申し出る。だが人並みはずれた努力で積み上げてきた自立への希望を奪われ、絶望の淵に立たされたカーリーは頑なに心を閉ざし、やむなく“ある”条件つきで結婚の誓いを交わすが…。 </blockquote>

  • 好きなオンノベ作家さんが一押しされてたので読んでみた。
    いわゆるロマンス小説。この系統に手を出したのは初めてかも。
    読みやすく一気に最後までたどり着き、もちろんハッピーエンド。
    面白かったし、ドキドキの恋愛話以外にも、目が見えないということがどういうことか…などを知れて、興味深かった!自分で思っている以上に自分は無知だよな、と改めて気付かされた。

  • ジャンルはいわゆるロマンス小説ですが、わりと一般向けです。男性がいい人すぎる。粘り強さと誠実さ、ポイントはこれですね。このシリーズ兄弟全員分あるんですね!
    なんとなく、近縁:「モンタナの風に抱かれて」「暗いところで待ち合わせ」「レインツリーの国」

全15件中 1 - 10件を表示

キャサリン・アンダーソンの作品

ツイートする