悪の華にくちづけを (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 二見書房
3.55
  • (7)
  • (16)
  • (21)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (467ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576081359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 両親を早くに亡くし、親戚の家で弟や従兄弟たちに囲まれて育ったジェシカ。
    魔性の女と言われる祖母の美貌を譲り受けたが、男勝りの性格で結婚にまるで興味がなく、27歳で独身、自分で店を開こうと考えている。
    そんな折、パリで暮らす弟が、悪名高い資産家デイン侯爵の取り巻きになり酒と賭博に溺れているとの知らせが。
    弟を連れ戻すためパリへと向かったジェシカ。
    しかし、そこでまみえたデインは彼女の予想に反した魅力あふれる男だったー


    古典文学的な印象でした。

    一見、美女と野獣。
    実態は男前ヒロインと野獣の皮えお被った繊細な子供。

    ロマンスだけと、主軸はヒーローの過去からの癒し再生と家族愛、かな‐
    ヒロインは大人だわー
    ヒーローに御落胤とか私好みではない設定だけど、ヒロインの懐の深さに感服。
    脇役もいい味だしてます。

  • 確かにヒロインは物知りだけど、さほど頭が良いとは思えなかったかなあ。結構衝動的に思えた。ヒーローもさほど魅力的に見えなかった。もっと付き合う友達が良かったら・・

  • ★3.5<br />容姿のせいで不幸な幼少期を過ごした放蕩侯爵+27歳地方貴族の娘[more]<br /><br />悪の華とかいうと怜悧なイメージだけどなんか悪餓鬼みたいなヒーローの成長と癒しの話。<br />ヒロインは頭が良くしっかりもので強気な美人。カッコいい。<br /><br />面白くないわけじゃないけど、私の好みではない。<br />ヒーローの子供のエピソードも私には微妙。<br />再読すれば印象変わるかな?<br />怪我のタグは、<span style="color:#ffffff;">ヒロインがヒーローを撃ったから。</span><br /><br /><blockquote>内容(「BOOK」データベースより)<br />両親に早く先立たれ、弟や従兄弟たちに囲まれて育ったジェシカは男勝りの性格で、27歳という年齢とその美貎にもかかわらず、まるで結婚に興味がなかった。<br />そんなおり、パリで暮らす弟のバーティが、悪名高い資産家、デイン侯爵のもとで酒と賭博に溺れているとの知らせがはいる。弟を連れ戻すためパリに乗りこむジェシカ。<br />しかし、目の前に現われたデインは、予想に反し情熱的な黒い瞳と鍛えあげた体躯をもつ魅力あふれる男だった…ロマンス史上に燦然と輝く金字塔!1996年のRITA賞(ショート・ヒストリカル部門)を受賞。</blockquote>

  • ジェシカは男勝りの性格で、27歳という年齢とその美貎にもかかわらず、まるで結婚に興味がなかった。
    パリで暮らす弟のバーティが、悪名高い資産家、デイン侯爵のもとで酒と賭博に溺れているとの知らせがはいる。弟を連れ戻すためパリに乗りこむジェシカ。しかし、目の前に現われたデインは、予想に反し情熱的な黒い瞳と鍛えあげた体躯をもつ魅力あふれる男だった...
    1996年のRITA賞(ショート・ヒストリカル部門)を受賞。

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    両親に早く先立たれ、弟や従兄弟たちに囲まれて育ったジェシカは男勝りの性格で、27歳という年齢とその美貎にもかかわらず、まるで結婚に興味がなかった。そんなおり、パリで暮らす弟のバーティが、悪名高い資産家、デイン侯爵のもとで酒と賭博に溺れているとの知らせがはいる。弟を連れ戻すためパリに乗りこむジェシカ。しかし、目の前に現われたデインは、予想に反し情熱的な黒い瞳と鍛えあげた体躯をもつ魅力あふれる男だった…ロマンス史上に燦然と輝く金字塔!1996年のRITA賞(ショート・ヒストリカル部門)を受賞。

    イタリア語がロマンティックになるか。カタカナでかかれちゃったからちょっと興ざめだったかな。せめてスペリングで読みがなつけてほしかったな。
    それにしてもラテン系の肌も「黒」と証するのは時代でしょうか?
    かなりかっこいいと思うんだけどな、デイン。
    ドミニクもいいキャラクターでした。

    Lord of scoundrels by Loretta Chase

  • 1996年のRITA賞に輝いた、ロレッタチェイスのヒストリカルロマンス。

    侯爵家の跡取りでありながら、両親の不和と自分の醜い容姿の為に寄宿舎学校に入れられ、愛を知らずに育ったセバスチャン。世の中への復讐に燃え、父親の死後は孤独な影をもつ悪の権化デイン侯爵として知られるように。

    準男爵の長男として生まれたしっかりもののヒロインジェシカは弟のバーディーがデイン侯爵とよくない遊びに興じて身を滅ぼしかねないのを心配してパリへとやってきます。
    そこで出会ったふたりは。。。。

ロレッタ・チェイスの作品

ツイートする