いたずらな恋心 (二見文庫 イ 2-3 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 二見書房
2.80
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576091358

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 対話のやりとりはおもしろさがあるが、ラストの展開がちょっと…

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    19世紀初頭。青年と偽りながらフランスで父の密輸業を手伝っていた“キット”ことクリスティンは、密輸を邪魔する英国人貴族の正体を突きとめるため、父に連れられロンドンに到着する。冷静沈着でハンサムな英国人貴族・エヴァートン伯爵のもとで潜入スパイとしてひとり屋敷に残されたキット。まもなくエヴァートンに女であるということを見抜かれてしまうが、なぜか伯爵はその秘密を守り、かくまってくれることに。相手の本当の目的を疑いつつも、ふたりの距離は日に日に近づいて…。

    愛され方 愛し方も色々あったのね、というオチだったような気がする。
    男性からすれば、女性が男装してるなどとまず思わないから、ときめいたらあせるわよね、うん。
    それにしても性別ってそんなに簡単にごまかせるか?というのが謎。
    エヴァートンの葛藤がなぜかほほえましい。

    Lady Rogue by Suzanne Enoch

  • お父さんが可哀想。

  • 美青年キットが女でクリスティン、公爵の姪だけど実は公爵の娘。絵う゛ぁートン伯爵のところにスパイとして潜入するが・・・。込み入った設定の割に今ひとつノれないんだよねえ。
     売却

全5件中 1 - 5件を表示

スーザン・イーノックの作品

ツイートする