高慢と偏見とゾンビ ((二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション))

  • 二見書房
3.45
  • (24)
  • (48)
  • (80)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 576
レビュー : 101
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576100074

作品紹介・あらすじ

18世紀末イギリス。謎の疫病が蔓延し、死者は生ける屍となって人々を襲っていた。田舎町ロングボーンに暮らすベネット家の五人姉妹は少林拳の手ほどきを受け、りっぱな戦士となるべく日々修行に余念がない。そんなある日、近所に資産家のビングリーが越してきて、その友人ダーシーが訪問してくる。姉妹きっての優秀な戦士である次女エリザベスは、ダーシーの高慢な態度にはじめ憤概していたものの…。全米で誰も予想だにしない100万部を売上げた超話題作、ついに日本上陸。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」は大のお気に入りの小説。
    しかし、ゾンビって一体‥?
    読むのを延ばしていましたが、読んだらめっちゃ面白い。
    でもこれ読む前に、原作読むか、映画かドラマを見てほしいです~!

    挿絵は原作の時代どおり、ハイウエストで細身の衣装ですが。
    死んだはずの人がゾンビとなって人を襲う奇病?が流行している設定。
    ベネット家では5人の娘たちを中国での修行に出し、今や皆ゾンビと戦う達人に。

    美しく優しい長女ジェイン、個性的で賢い次女エリザベス、変わり者の三女、綺麗だがわがままな下の娘たち。
    母親は娘たちに良い結婚相手を見つけようと必死です。
    近所に越してきた独身の資産家に見初められた長女でしたが、前途には様々な困難が生じます。
    彼の友人で名高い戦士のダーシーが舞踏会に現れ、次女エリザベスとはいきなり反発し合います。
    金持ちだが気難しい高慢な男性と、その彼に偏見を抱く次女、という出会い。

    ハンサムなダーシーは大きな所領を持つ名家の跡取りで、見事な邸宅の主。
    真面目で根は悪くないのだが、威厳を持つように育てられたので、傲慢さは欠点と思っていない。
    そんな彼が必死で不器用に正直に言い過ぎたプロポーズは傑作で、原作でもヒロインを怒らせます。
    この作品では、怒りのあまり殺しかけちゃう(笑)
    後になって、彼のいいところもわかり始めた頃、二人が婚約したという噂を聞きつけて、彼の後見人である貴族の女性が突然家に乗り込んできます。
    ぜんぜん婚約なんていう話にはなっていないのに、「身分が低いのに狙いをつけても無駄だ」などと反対されたら。
    ここで老貴婦人と死闘になってしまいます(笑)
    この貴婦人がまた、キョウトでニンジャと修行をしたという猛者なのだから~。

    現代の感覚なら、そりゃー殺したくなるかも?ってレベル。
    というわけで、パロディとしても成立しています。
    恋愛部分の描写は巧みなので、こんなふうにも書けるのね‥と感心してしまいそう。
    いや、これは原作のままですから!

    ジェイン・オースティンの文章をこんなに勝手に使っちゃっていいのか?
    それに、ダーシーは! コリン・ファースのイメージで見てほしいですよ~この奇妙にネジ曲がった癖のあるイラスト(それなりに面白いけど)じゃなくて。
    これだけを読んでほしくはないから、星は3つで(笑)

  • 今回の課題書の周辺本として、「ぜひ読むべし」と各方面から勧められて読んでみた。

    タイトルどおり、『高慢と偏見』にゾンビがからむ小説である。英国はゾンビを生む病に侵されており、人々はゾンビの襲来の恐怖に日夜怯えている。そして、ゾンビから身を守るため、「戦士」としてのスキルを身につける者が存在する。エリザベス・ベネット嬢もそのひとりで…というのがだいたいのあらすじ。

    読み始めるとすぐに、なんかいろいろすごすぎて涙が出そうになる。エリザベスをはじめ、ベネット家の5姉妹はいずれも、中国の少林寺で武術を学んだ立派な戦士である。ダーシー氏、そしてド・バーグ夫人はキョートのドージョーで戦士のワザを学んだツワモノ。しかもド・バーグ夫人は常にニンジャ(漢字ではなくあくまでもカタカナ)をしたがえていらっしゃるという…書いていてもそのバカっぷりがリフレインしてしまう。ある意味これはネタバレなので、伏せておいたほうがいい要素なんだろうとは思うのだけど、このバカさっぷりは人に広めずにはいられない。それに、『高慢と偏見』には軍人さんがちょろっと出てくるが、そこらへんが「戦士」というマジックワードにリプレイスされるだけで、ただちにバカワールド(ファンタジーじゃなくて、あくまでもこっち)が炸裂するのにも、「なんだかなー」と思いながら、ページをめくる手が止まらなかったりする。

    こんなバカ要素てんこ盛りの小説なのは確かだが、率直な感想として、「地味によくできている」と思う。原文にむやみにゾンビや戦士や武術を投入してカオスな世界に持ち込んでいるわけではなく、押すところは押し、引くところは引いて、見事にコントロールされている。たとえば、シャーロット嬢が結婚を決意する場面で引かれる書簡などはほぼ改変されておらず、原作どおりしんみりさせられてしまうし、エリザベスはダーシー氏をたたっ切りたい衝動には駆られるものの、感情の揺れは原作とそれほど変わらない。そうっと忍びこんできて、人間界を乗っ取っていくゾンビのように、したたかな作者さんのテクニックが光る。でも、ド・バーグ夫人とエリザベスの「対決」場面は、こちらでも見ものです。違った意味ですけど。

    某有名女優さんが映画化権を買い取ったのち、諸般の事情でお蔵入りになっているそうだが、ぜひ、サモ・ハン・キンポー全盛期の香港映画テイストか、ムダにお金をかけまくって撃沈した奇天烈東洋映画『47RONIN』のテイストで映画化希望。そのあかつきには、私は猛ダッシュで見に行くと思う。

    この小説ができたわけを記した、訳者さんのあとがきも傑作すぎる。これぞバカエンタメ。いろいろバカすぎて万歳したい小説です、「お手上げ」の意味も込めて。

  • これがありなら「坊ちゃんとゾンビ」とか「藪の中とゾンビ」とかもありだよね。

  • 「高慢と偏見とゾンビ」、「高慢と偏見とゾンビ」!!!

    ヒャヒャヒャヒャヒャ

    初めてこの本の存在を知った時には
    題名だけを読んで「これは原作に対する冒涜だ!」と
    鼻息荒く憤って、書く人も読む人も気がしれないと
    プンスカ怒っていた。

    数々の信頼している読み手の皆さんが「面白かった!」と
    書いているのを見ても

    「この人たちはもう読むものがなくなって
    こんなのを読んでいる」
    「本を読みすぎて目新しいものしか面白いと感ぜられず、
    頭がおかしゅうなっている」
    と冷たい目線を送りつつ、無視を決め込んだ。

    そんなときのわたくしこそ、高慢と偏見の塊、でしたわ。

    ある日ある時いつものようにネット間をブック・パトロール

    ふと、この本の訳者が、
    今、本に埋まるほどのめり込んでいる
    「銀河ヒッチハイク・ガイド」シリーズの人だと気付いたとたん!

    「あらら、あの人が翻訳なら、読まないってほうはないわ」と。

    読んだら、まあ、面白いこと面白いこと。
    みんなも読んだらいいのに…(豹変)

    オースティンの「高慢と偏見」のストーリーはそのまま、
    ゾンビを組み合わせた作品。

    こういう既存のものを混ぜ合わせて、
    別のものを生み出すっていう手法を
    マッシュアップというのですって!へええ~

    ベネット家の五人姉妹が結婚相手を探すという元々の
    設定はそのまま。

    英国全土に奇病が蔓延し、死者がゾンビとなって甦る。
    カンフーの達人でもある五人姉妹は
    ゾンビと戦いながら…

    長女ジェインの優しさも、ダーシーさんの格好よさはそのまま、
    原作そのものの面白さにうまい具合にゾンビが絡んでいる。

    でもそんな設定だから、あの方が意外に身罷ってしまったりとか。

    私がこれはまるで…と思ったあのシーンがそうなっていて大笑いしたり。
    (欠けたマントルピース、ハハハ)

    みんなが不快に感ずるあの人がここぞとばかりにあんな目にとかやはり過激です。

    訳者さんはあとがきで、こちらを先に読んでも良いのでは?なんて
    書いておられたけれど、それは駄目だと思う!

    こっちを先に読んでから原作を読んだら
    ゾンビが出てこないことに物足りなく思う懸念があり。

    なにより原作でのこれがこれに!?という喜びというか感動があるから
    やっぱり原作を読んで、「高慢と偏見」が大好きな人にお勧め!

    ゾンビを倒すための術として、日本の京都で忍術を学ぶことが一流と
    されていて、それはそれで同じ国民として鼻が高くなります。

    本日の修行、鹿さんとキス!アハハハハ

    とっても面白い本でした。

  • すごく普通にゾンビ出てくるwww

    古典の名作『高慢と偏見』にゾンビを絡ませた、マッシュアップ※小説。(※二つの要素をミックスさせて、全く新しいものにする技法)

    これだけでも読めますが、原作を読んでおくと二倍三倍に楽しめます。
    原作では少し退屈だった部分(古典的な持って回った言い回しとか)をうまいことショートカットし、隙間にゾンビを大量投入して笑いを誘う。すばらしいギャグセンスだ。
    8割方パクリだけど、これなら許せる。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「すばらしいギャグセンスだ。」
      下手過ぎるイラストを採用したセンスは頂けないけど。。。
      「すばらしいギャグセンスだ。」
      下手過ぎるイラストを採用したセンスは頂けないけど。。。
      2014/06/19
    • ダイコン読者さん
      なるほど、そういうご意見も。
      私はあれはあれでよいと思っておりますよ~B級っぷりがストレートに伝わってきて。
      逆にあの内容で絵柄が美しか...
      なるほど、そういうご意見も。
      私はあれはあれでよいと思っておりますよ~B級っぷりがストレートに伝わってきて。
      逆にあの内容で絵柄が美しかったら詐欺極まりない。
      ゴルゴ13みたいなヒロインがふさわしい話じゃありませんか(褒めてます)
      2014/06/19
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「B級っぷりがストレートに」
      確かに、、、
      「B級っぷりがストレートに」
      確かに、、、
      2014/06/23
  • これは新しい!高慢と偏見「と」ゾンビ。すごくタイトルどおりなんだけれどすごく予想外。8割ジェーン・オースティンを使った二次創作。
    私はオースティンファンで中でも高慢と偏見が大好き。ニヤニヤ笑いながら読んだ。
    ゾンビ成分注入と改変が丁寧になされているのがいい。原作の「古臭い部分」「現代的には納得できない部分」をうまくゾンビ化している。”結婚のことばかり考えている”オースティン、女性は結婚によって人生を左右されるこの時代に、結婚より武道で世界を救うわ!と宣言するエリザベスのかっこよさ。最強の戦うヒロイン。ゾンビと戦うのに中国や日本で修行し、ドージョーでニンジャを切り殺しナレズシを楽しむ東洋趣味もいいねえ。翻訳も軽快。

    ネタバレ:そしてエリザベスとダーシーは共にゾンビをやっつける最強コンビとなりました、というラストが良かった!!

  •  いわば高級食材をぜいたくに使ったB級グルメ。下品でバカっぽいけど美味い。

     登場人物やストーリーは原作とほぼ同じだけれど、ゾンビ風味に変えてある。ベネット家の五人娘は中国の少林寺で武道を身につけてゾンビと闘う戦士で、なかでもエリザベスはちょっと凶暴。敵役、ダーシーのおばのレディ・キャサリンはキョウトで修行し、何人ものニンジャと侍女のゲイシャを従えている(なんじゃそりゃ?)。

     屋敷の中にドージョーやシントーの神社があったり、みんなでナレズシを食べたりというおかしなニホン趣味…… ヘタクソなイラストも作品の雰囲気にピッタリ!!

     でも、これを読む前に先ず原作を読まれることをお薦めします。そうしないと、この作品の本当の面白さ(ばかばかしさ?)がわからないので。

  • 一々暴力的なエリザベスねえさん素敵です!

    こんなアホで出落ちの話をキチンと書き上げた作者は、きっと素晴らしい紳士に違いない。

    あ、いや本当に面白かったです、原作より好きなくらい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「きっと素晴らしい紳士に違いない。」
      えー、あの挿絵を選ぶような男が紳士だとは思えないなぁ(って単に嫉妬してるだけ?)
      ところで、映画の話は...
      「きっと素晴らしい紳士に違いない。」
      えー、あの挿絵を選ぶような男が紳士だとは思えないなぁ(って単に嫉妬してるだけ?)
      ところで、映画の話はどうなったんだろう。。。
      2013/07/09
  • そもそもパロディ、パスティーシュ、カバー、マッシュアップ作品大好きなので、普通にニヤニヤ笑いながら読了(絵の上手な中2男子が描いたっぽい挿絵はさすがにニヤニヤでは済みませんでしたが)。

    特別オースティンに対する思い入れがあった訳ではないのも、愉快一辺倒で読み終えることが出来た大きな要因かも。原作未読の人にまで薦めようとは思わないし、ましてや熱烈なオースティンファンに薦めたら殴られそうだしねー。
    私は岩波文庫の『高慢と偏見』をヒイヒイ言いながらやっとのことで読んだクチなので、安原和見氏訳の本書に触れて「こんなに面白い話だったのか!」と感銘を受けました。

    この作品が邦訳された事自体が既に驚き、と言う英文科出身の賢い同僚に「これって日本の何かに例えたらどんな感じ?」と訊ねたところ、「夏目漱石の『こゝろ』にゾンビとハンバーガーばっか食う太ったアメリカ人がいっぱい出てきて、それ読んだ漱石好きのアメリカ人が『漱石そんなんじゃねーよ!あとアメリカ人もそんなんじゃねーよ!』って超ディスる感じ」的な答えが返ってきてすんごい解りやすかった。

    『こゝろ』なー。
    「先生と私」、「両親と私」、「先生の遺書」、そして「先生とゾンビ」。

    ……え、めっちゃ読みたいですけど!?

    ニポンといえばー、キョート。ニンジャ。ゲイシャ。そしてー、ナレズシ。
    それもまたprejudice。

    • F本さん
      >nyancomaruさん
      コメントありがとうございます。
      微妙なアメコミ風味がまた憎たらしいのです……。
      ベネット姉妹の「死の五芒星」を見...
      >nyancomaruさん
      コメントありがとうございます。
      微妙なアメコミ風味がまた憎たらしいのです……。
      ベネット姉妹の「死の五芒星」を見た瞬間は、声が出ないレベルの爆笑で大変でした。
      2012/05/10
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「声が出ないレベルの爆笑で大変でした」
      判ります。よくまぁ考えたものだと感心しました!

      ところで、あの下手なイラストはフィリップ・スマイリ...
      「声が出ないレベルの爆笑で大変でした」
      判ります。よくまぁ考えたものだと感心しました!

      ところで、あの下手なイラストはフィリップ・スマイリー(Philip Smiley)とか言う人でした。この話はトニー・リー(Tony Lee)によって、コミックにもなっているようで、絵を見るとコミックの方が格段にイイ絵でした、、、
      2012/05/11
    • F本さん
      >nyancomaruさん
      コミカライズされてるんですか!
      マンガなら英語ダメでも楽しめそう。無駄に持っておきたい。
      耳寄りな情報、ありがと...
      >nyancomaruさん
      コミカライズされてるんですか!
      マンガなら英語ダメでも楽しめそう。無駄に持っておきたい。
      耳寄りな情報、ありがとうございました!
      2012/05/12
  • 名作古典「高慢と偏見」。未読なのですが、きっと格調高いロマンス小説なのでしょう。「高慢と偏見とゾンビ」もまあ格調高いロマンス小説の片鱗が見えているのですが。
    そこにゾンビ大量投入。
    一気にB級ホラーの雰囲気です。だけどメインはやっぱりロマンス。愛を語る代わりに、手に手を取ってゾンビ殲滅しちゃってますけどね(笑)。貴婦人が少林の使い手で飛び蹴り食らわしたり、護衛にニンジャ雇ったり。シュールな光景がいっぱいです。
    原典が好きな人には賛否両論かなあ。だけどこれは面白いよー。ゾンビ好きな人にはお薦めだと思います。

全101件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ジェイン・オースティン(Jane Austen)
1775年生まれ。イギリスの小説家。
作品に、『分別と多感』、『高慢と偏見』、『エマ』、『マンスフィールド・パーク』、『ノーサンガー・アビー』、『説得されて』など。
1817年没。

「2019年 『説得されて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジェイン・オースティンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
J. オースティ...
森見 登美彦
有川 浩
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

高慢と偏見とゾンビ ((二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×