逃避の旅の果てに (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 二見書房
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576130033

作品紹介・あらすじ

理想の男性との結婚式から逃げ出した前合衆国大統領の令嬢ルーシーは通りかかった怪しげな男に助けられ旅に出るが、メンフィスの空港に置き去りにされる。そのとき、男から彼女のクレジット・カードと免許証を渡された。"パンダ"と名乗る彼は両親に雇われたボディガードだったのだ!ルーシーはマスコミから逃れるため変装し、彼の家があるミシガン湖のチャリティ島に渡る。やがて、彼が島に帰ってきて、二人は反発しながらも愛し合うようになる。ひと夏だけのかりそめの関係のはずが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SEPの作品だし、続編(?)だし、楽しみにしてたけどイマイチかな〜

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    理想の男性との結婚式から逃げ出した前合衆国大統領の令嬢ルーシーは通りかかった怪しげな男に助けられ旅に出るが、メンフィスの空港に置き去りにされる。そのとき、男から彼女のクレジット・カードと免許証を渡された。“パンダ”と名乗る彼は両親に雇われたボディガードだったのだ!ルーシーはマスコミから逃れるため変装し、彼の家があるミシガン湖のチャリティ島に渡る。やがて、彼が島に帰ってきて、二人は反発しながらも愛し合うようになる。ひと夏だけのかりそめの関係のはずが…。

    なぜにどうしてパンダなのか。
    そこはスルーですか?
    ルーシーとブリーのお友達になり方がなんか好き。
    メグとのシーンがもうちょっと欲しかった。
    でも止められるとほしくなるって、よくわかる。
    お菓子、やめられないよね。


    The Great Escape by Suzan Elizabeth Philips

全2件中 1 - 2件を表示

スーザン・E・フィリップスの作品

逃避の旅の果てに (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする