優しくほどいて (二見書房 シャレード文庫)

著者 :
  • 二見書房
3.52
  • (4)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576180229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 愛が溢れすぎて三周くらい回ってちょっと病み気味の受け。かといって所謂執着モノともちょっと違うような。
    最初ちょっと受けのストーカースレスレの衝動にキモッ!と思ったけど攻めが冷静な人だったのでだんだん引き込まれて行き、楽しく読めました。

  • 片想いの相手のために、こっそり弁当を作りブログにあげるストーカー気質の受。たまたまそれを目撃した攻が、そんな受を直すために、代わりにその対象になろうと申し出る。
    海野さんにも関わらず、いろんな要素がケンカして読みにくかった。いっそコメディだったら良かったのに。海野さんなので期待しすぎちゃったのかな。イラストも攻が普通にイケメンで…あ、あれ?イメージと違ってた。

  • 大好きな再会もの。きゅんきゅん。

  • 面白かったです。受はちょっと変わってますけれど、攻はまぁ懐の大きいというか彼もちょと変わっているのかも。攻が昔から受が好きだった!っての大好きなパターン♪

  • いやーもうたまらんかった。春樹の持て余して拗らせた愛情表現もすごいけど、それを嬉しそうに受け止める湯ヶ原もすごい。おおらかに見えてこちらもなかなかの執着ぶりで、似た者カップル。
    橋本あおいさんのイラストも素敵でした。

  • 受けのひとのストーキングぶりがこのくらい思い切りよいととても楽しいです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

海野幸 Sachi Umino
身体がゴリゴリに固まっているのでストレッチポールを購入しました。
仰向けに寝転がると胸の辺りで『ぼきゃらっ!』という音がして、これは人体から発せられても大丈夫な音なのかと不安になります。

「2019年 『悪い男には裏がある』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野幸の作品

ツイートする
×