灼熱の瞬間(とき) (ザ・ミステリ・コレクション)

著者 :
制作 : 久賀 美緒 
  • 二見書房
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (640ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576190730

作品紹介・あらすじ

仕事上の事故で片腕を失った女性消防士アン。その判断をした同僚ダニーとは、事故の前に一度だけ関係を持っていて...この恋の行方は?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブラック・ダガーシリーズの作者という事で読んでみたけど、ヒロインの腕を斧で切断!の場面からもうアウト。文体とストーリーは合ってると思うし意欲的な作品とも感じるけれど私は感情移入も出来ず無理でした。
    残念。

  • 消防士・アンは崩れかけた現場の中、腕を挟まれ脱出出来ずにいた所、助けに来た、一度だけ関係を持った同僚ダニーに腕を切断するよう懇願する。ダニーは瀕死の重傷を負いながらもアンを助け出した。10ヶ月後、火災捜査官として、アンは初めての任務でかつて腕を失った現場を調査する。腕と天職を失っても前に進み続けるアンがカッコいい!現場に復帰したが、後悔と罪悪感で自暴自棄になっていたダニーの描写は痛々しかった。初めて義手を付けていない腕に触れるシーンが印象的だった。事件については完全な解決に至っていないのが心残り。今後が気になる隊員もたくさん!面白かった!

  • 火災現場で左腕を切断した消防士のアンとその現場での当事者ダニーとの喪失から再生までの話。あとイヌ。現場でアンの腕を切断しなければならなかったダニーはその後荒れまくり。一方アンは喪失感を抱えながらも前に進んで火災調査官として働き始める。
    単なるロマサスではなくPTSD、家族の問題とかジェンダーギャップとかウォード先生色々詰め込んでますが一気読み。アンとダニーのふたりがなかなか素直にならなくて、でもお互いに愛してるのにあーもう!となりながら終盤へ。とにかく、ヒーローとヒロインの心情が読者にはダダ漏れでお互いに好きなのに大事に思ってるのにあぁぁぁぁ〜も〜ってなります。

    放火犯とか捕まらない大物とか、ちょっとザツな感じはあるもののたぶんシリーズに続くってことなんでしょうね。二見さんよろしく〜。
    次は兄ちゃんかな?それともチャベス君かな?

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

J.R.ウォード   J.R.Ward
ロー・スクールを卒業後、ボストンの健康センターや国内の医療センターにチーフ・スタッフとして長年勤める。
そのかたわら、ロマンス小説を書きつづけ、2005年に発表した『黒き戦士の恋人』が全米で空前の大ベストセラーとなる。
現在は夫と愛犬のゴールデン・レトリバーとともにアメリカ南部に在住。

「2019年 『灼熱の瞬間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

J.R.ウォードの作品

ツイートする