新版 古地図で読み解く 江戸東京地形の謎

著者 :
  • 二見書房
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576201672

作品紹介・あらすじ

寛永、明暦、安政、明治、大正、そして昭和……各時代の地図から浮かび上がる江戸-東京の真の貌。
古地図界の第一人者による、詳細かつ鮮やかな歴史/地形透視図。

江戸の古地図には、当時の地形までもが刻み込まれていた。
古地図と現在の地形図を比較することで、約400年のわれわれの暮らしが浮かび上がる。
『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)、『美の壺』(NHK)など、多くのメディアにて古地図の魅力を語ってきた著者が案内する本物の古地図の世界。本書を読めば、「東京」への眼差しが変わる!

著者プロフィール

芳賀 ひらく(はが・ひらく)
1949年仙台市生まれ。元柏書房代表取締役社長。現、之潮(コレジオ)代表。日本地図学会評議員。
元東京経済大学客員教授、早稲田大学エクステンションセンター講師。
著書に『短詩計畫 身體地圖』(深夜叢書社)、『地図・場所・記憶』(けやき出版)、『デジタル鳥瞰江戸の崖 東京の崖』(講談社)などがある。
古地図や東京の地誌の研究家として知られ、『美の壺』(NHK)や『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)などテレビ番組にも多数出演。

「2020年 『新版 古地図で読み解く 江戸東京地形の謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芳賀ひらくの作品

ツイートする
×