アダルト・チルドレン「癒しと再生」

著者 :
  • 二見書房
4.00
  • (5)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784576970769

作品紹介・あらすじ

なぜ、生きることに不器用だったのか?なぜ、希望をもつのが下手なのか?どうして人生を楽しいと感じられないのか?「アダルト・チルドレン」という言葉はその原因を明かして、あなたの心を癒し、再生への第一歩を踏み出させてくれる。本当の自分を取り戻すために。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 速読で。これもかなり古い本。著者自らの経験踏まえて、いろんなACのケースが語られていて、癒しの方法も紹介されている。
    読んでると思い当たるところがいっぱいあって、ちょっと心が痛くなってきた。でも傷を負っているということすら自覚してなければ、癒しようがないんだよね。自分で気づいて、自分を認めて、それを人に話して、というプロセスが必要ということ。時間がかかる話だなーと思った。

  • 子育てをしていく中で親と自分、自分と子との関係を見つめ直し、その中で改めて気づくこともあるのだとわかった。自分の性格だからと思っていたが、作られたものだったんだね。

  • アダルト・チルドレンについて、当事者の生きた言葉でわかりやすく綴られている。アダルト・チルドレンという言葉をはじめて聞くような人にとっては入門書としておすすめ。専門的なさらに突っ込んだ内容を期待している人には物足りないかも。

  • アダルト・チルドレン入門について
    学ぼうと思って手に入れた1冊。
    筆者のエピソードも交えた方式だが
    読んでいてどうもむず痒くなってしまいます。

全5件中 1 - 5件を表示

秋月菜央の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×