やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)

  • フレーベル館
3.99
  • (100)
  • (75)
  • (90)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 1017
感想 : 112
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577003022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 犬とライオンの子どもが寄り添っている鮮やかなピンク色の表紙が印象的。

    みなしごライオンの名前がブルブル(いつもブルブル震えていたから)で
    育ての親は犬のムクムク(むくむく太っていたから)というのがかわいいなと思いました。

    優しいムクムクに育てられたブルブルは立派な優しいライオンになりましたが離れ離れにされてしまいます。
    数年後、サーカスで人気者になったブルブルでしたが・・・

    お母さんに会いたい一心でサーカスを抜け出したブルブル。
    ムクムクと再会したのもつかの間、警官隊に撃ち殺されてしまうという悲しい結末に驚きました。

    人間の愚かさ、命のはかなさや切なさを感じる物語でした。

    やなせたかしさんといえば、アンパンマンの印象が強いですが、アンパンマン意外の作品もたくさん読みたくなりました。

  • 本当に本当におすすめの一冊。何度読んでも涙ぐんでしまうのですよね。
    アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんの作品です。

    みなしごライオンの子ブルブルが、母がわりのムクムクという犬に育てられ……。

    やなせさんの作品と言えばアンパンマン、アニメの印象が強いかもしれません。他にもたくさんのお話を書いておられます。愛情あふれる素敵なお話です。

    “子ライオンの満たされた気持ち”と“母の子どもをまるごと受けとめて愛する気持ち”が表情によ~く表されているのですね。
    やなせさんは子どもの時に両親を失くされています。でも絵を書いている時がとても幸せだったとか。
    戦争体験も含め、様々な思い、経験が作品の背景にあるのかと思います。
    やなせさんの心のあり方が、きっと絵本を通して伝わってくるのでしょうね。

  • ETV特集『塀の中で手にした〝鏡‘’』で紹介されていた絵本です。

  • みなしご子犬の育ての親はライオン。種類はちがっても、はなればなれになっても、心がしっかりつながっている親子です。

    2022/9/30 2-1

  • やなせたかしさんの絵本、最後に涙がでてしまった。

  • やなせたかし先生の作品

    せつないけど、なぜか心がほっこりと温まるような作品。
    やなせたかし先生でないと、出せない世界観なのかな〜と感じました。

  • 涙がポロッとでました。

  • 幼稚園の頃に毎日先生にねだって読んでもらい、毎日泣いていたという絵本。今読んでも泣けないのは心が汚れちまったからだろうか。ブルブルいい子ね、ねむりなさーいという子守唄は今でも覚えている!

  • みなしご子犬の育ての親はライオン。種類はちがっても、はなればなれになっても、心がしっかりつながっている親子です。

    2022/9/13 3-2

  • かんどう。

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1919年生まれ、高知県出身。百貨店宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務の後、漫画家・絵本作家として活動を始める。絵本の作品に『やさしいライオン』『チリンのすず』『あんぱんまん』(フレーベル館)など多数。2013年永眠。

「2022年 『アンパンマンかみしばい③』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やなせたかしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×