やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)

  • フレーベル館
3.95
  • (78)
  • (61)
  • (79)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 585
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577003022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犬とライオンの子どもが寄り添っている鮮やかなピンク色の表紙が印象的。

    みなしごライオンの名前がブルブル(いつもブルブル震えていたから)で
    育ての親は犬のムクムク(むくむく太っていたから)というのがかわいいなと思いました。

    優しいムクムクに育てられたブルブルは立派な優しいライオンになりましたが離れ離れにされてしまいます。
    数年後、サーカスで人気者になったブルブルでしたが・・・

    お母さんに会いたい一心でサーカスを抜け出したブルブル。
    ムクムクと再会したのもつかの間、警官隊に撃ち殺されてしまうという悲しい結末に驚きました。

    人間の愚かさ、命のはかなさや切なさを感じる物語でした。

    やなせたかしさんといえば、アンパンマンの印象が強いですが、アンパンマン意外の作品もたくさん読みたくなりました。

  • いいね!!
    ハッピーエンド!!

  • やなせたかしの本が続けて読みたくなり図書館から借りてきました。心のほんわかと言うか、ちょっとホロリとくる作品です。

  • イヌがライオンなどのコの代理母になる実話は時々あるけれど、それはやっぱりずっと一緒にはいられないんだろうなと思うだけで切ない。
    なのにこの絵本、さらに切ないラストが待っている。
    ムクムクとブルブルがとんでいった場所で、もう誰にも邪魔されず寄り添っていられますように。

  • Amazon、¥575.

  • ライオンだからって絶対狂暴だとは限らないのに!!
    娘の感想…悲しくなっちゃったようです。

  • 血はつながっていなくても、深い愛情で結ばれている母犬と子ライオン。人間の傲慢さがもたらす悲しい結末に、涙が出ます。
    最後の場面、息子は、2匹は死なずに飛んでいったのだと思っていました。
    (読んだ時期:5歳5ヵ月)

  • 絵から、ぬくもりがあふれてて、
    愛を知る絵本です。

  • 泣ける絵本です。そして色んな事を考えさせられます。
    みなしごのライオンと育ての親の犬との愛。人間の身勝手さを思い知らされます。

  • 小学生の時映画館でアニメをみた。
    たぶんこの映画からやなせたかしさんが好きになって高校生の頃は、いちご新聞を毎号買っていた。
    短大に入って保育科の人たちが授業でこのアニメを観た日、寮でみんな感動しながら話してて・・・
    「今日、すっごくいいアニメ観たの!」
    なぜかライオンとか犬とかいうキーワードの前に
    「それ、『やさしいライオン』!?」って解った。

    理屈無しに泣ける。
    こんな名作がこんな値段で買えるなんて。
    日本はいい国だ!

著者プロフィール

やなせたかし
1919年生まれ、高知県出身。百貨店宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務の後、漫画家・絵本作家として活動を始める。絵本の作品に『やさしいライオン』『チリンのすず』『あんぱんまん』(フレーベル館)など多数。2013年永眠。

「2019年 『アンパンマンと もぐりん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)のその他の作品

やなせたかしの作品

ツイートする