チリンのすず (フレーベルのえほん 27)

  • フレーベル館
4.15
  • (35)
  • (22)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577003275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵本を超えた一遍の文学作品としても遜色ないほどクオリティの高い絵本です。
    世代を越えて問いかけるそのテーマは「喪失」と「無常」。
    やなせたかしさんの描く愛らしい仔羊のチリンが変貌していく様(さま)に
    読み手は惹きこまれていくでしょう。
    10年、20年、30年と時を経て読み返してみてください。
    世の中の酸いも甘いも経験した大人になってから読むと、
    より深くこの作品のメッセージが心に響くのではないでしょうか。

    もちろん、子どもの頃に出会っていれば、こんなに幸せなことはありません。
    この作品に感動できる子はその後も豊かな読書人になっていくことでしょう。
    なぜなら、読み終わっても永遠に心に問いかけるテーマを持っているからです。
    その答えを探す旅は人生そのものです。

    初版時に読了。再々読。

  • えっ…。
    これは、哲学だ…すごすぎる…。

    やなせたかしは、嘘を描かない人だ。
    人の心に、誠実な人だ。
    きっと。

  • 著者である、やなせたかしさんご自身も「子どもの絵本としては相当インパクトの強いお話です。僕としては、子どもが現実の社会に出て行った時に出会う厳しさを思う時、こんな絵本も読んだ方がいいのではないかと思ったのです。甘さがなく、僕の作品の中では大変珍しいものです。」と書かれているくらいに、子どもにも,大人にも結構なインパクトで迫り、それぞれの立場で深く考えさせられる作品だと思います。

     狼のウォーに母親を殺された子羊のチリンは、復讐のため強くなることを決意し、牧場を出て、復讐相手であるウォーのもとへ行く。チリンはウォーのように強くなることを願い、ウォーに特訓を求める。何故に復讐相手であるウォーのもとへ行ったのか、何故に復讐に燃えるチリンの願いをウォーは受け入れたのか。そこを洞察する力は残念ながら私は持ち合わせていないが、ウォーはチリンを森の中でも恐れられるほどの獣へと育て上げる。

     長い年月を共に過ごしても相容れない同士であることには変わりない。けれど情というものは相容れない同士でも生まれるものだ。ウォーはどんな思いなのか、チリンはまだ復讐することを諦めていないのか、これからどうするのか。ここまでくると、読み手の気持ちが揺らぎ始める。「ここまで育ててくれたのだ、復讐なんてもうしなくていいんじゃないのかい?」って...。しかし、現実はそう甘くない。
     憎しみが信頼へと変化していく中で、憎しみを否定すれば、母親の死も、群れを捨てこれまで自分がやってきたことも否定することになるのだから。

     結末は是非,自分の目で確かめて頂きたい。私も上手く説明できないが、いろんな思いが絡み合い,熱いものが込み上げてくる。

     何かを失い何かを得るために,何かを犠牲にしなければならない。犠牲にしたものに再び帰依することなどできない。そんな実社会の厳しさをしっかりと受け止めていかねばなるまい。悲しく苦しいことだが...。

  • 深くて悲しいお話。
    ファンシーな表紙とは真逆のオチが悲しい。
    表紙に騙された。

  • ゆえの悲劇。
    やなせさんには学んでばっかりなのである⊂((・⊥・))⊃

  • 月イチ絵本。
    おくさんが子供の頃にこれをアニメで見てものすごい衝撃だったと話してくれことがある。
    その原作絵本があったので購入。
    これはいい。スゴいいい。
    そしてなかなかに悲しい。
    復讐は何も生まない。しかし復讐をしないでいられる強さはない。
    何も生まないとわかるのは復讐してから。
    そして失ったものは失ってからでないとその大きさはわからない。
    悲しく素晴らしい絵本。
    さすがやなせ先生だな。
    それにしてもいまさらながらおくさんの感性の鋭さには脱帽する。
    もっと色々教えてもらっておけば良かった。

  • 切ないよぉ。
    14/06/12

  • これ、じつは、やなせ たかしのなかで1番好きです。
    はじめて読んだときは、衝撃的でした。

    ウエスタンって、いわれているらしい。確かに。
    このラスト・シーンって、心に残ります。

    やなせ たかしのやそしさと厳しさの両方がはいったお話です。

  • 最初、何の気なしに本屋で立ち読みし、手元に置きたいと思っていたのです。
    家に帰り、読み直してみてびっくりしました。物語の大筋は同じでしたが、私は記憶の中で、自分で勝手にセリフや説明を継ぎ足していました。

    こんなに短く、明快なのに、なんと強い物語だろうか。

  • 子供の頃、確か学校からもらった割引券だったと思いますが、めったに連れて行ってもらわなかったマンガ映画だ!わ~い!と思って見たのが「チリンの鈴」でした。
    映画の絵は全然違うんですが、どちらもチリンがかわいらしく、よわよわしいだけに、こどものみならず大人でさえも油断してしまうでしょう。
    その後の展開がかなりショックで重いものです。

    今の子供はアンパンマンでおなじみの作者ですから、その衝撃たるや幼いころの私の比ではないと思います。

    あっさりした文章ですが、読み聞かせは高学年の方がいいでしょう。

著者プロフィール

やなせたかし
1919年生まれ、高知県出身。百貨店宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務の後、漫画家・絵本作家として活動を始める。絵本の作品に『やさしいライオン』『チリンのすず』『あんぱんまん』(フレーベル館)など多数。2013年永眠。

「2019年 『アンパンマンと もぐりん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チリンのすず (フレーベルのえほん 27)のその他の作品

やなせたかしの作品

ツイートする