いけるといいねトイレ (アンパンマンのしかけえほん)

  • フレーベル館
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577022498

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • じ。359
    2y8m

  • りずき

  • (2013年11月)
    9月ごろに実母(おばあちゃん)から娘に贈られた本。

    ニコニコしながら聞いてくれてる。
    この本のおかげかどうかわからないけど、トイレに座っての排泄はできるようになった(まだ自発的にはいかないので連れてかなきゃいけないけど)

    (2018年10月)
    2歳児Fがよんで、と出してきたので読み。
    「2歳児ちゃんはといれいけるよ!!」
    とドヤ顔で行っていたが、いやいや、トイレトレこれからだよ…?と母は思うなど。

    (2019年2月)
    3歳児Aトイレトレ進まず。下の子産まれて遅れてきた赤ちゃん返りもあったりするのかも。入園前、をゴールにせず、そのうちできるからゆっくりやろう、という方針転換をしたところ。
    気が乗ればトイレに行ってくれるし、3歳児検診の検尿はばっちりトイレでできたので、まあなんとかなるかなー。

    (2019年3月)
    3歳児Aがこれ読んで、というので読み。
    セリフを覚えたのか、後で自分でめくりながらぶつぶつ言っておった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

やなせたかし
1919年生まれ、高知県出身。百貨店宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務の後、漫画家・絵本作家として活動を始める。絵本の作品に『やさしいライオン』『チリンのすず』『あんぱんまん』(フレーベル館)など多数。2013年永眠。

「2019年 『アンパンマンと もぐりん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

やなせたかしの作品

ツイートする