たいせつなこと (ほんやく絵本)

制作 : レナード ワイスガード  Margaret Wise Brown  Leonard Weisgard  うちだ ややこ 
  • フレーベル館
3.84
  • (113)
  • (76)
  • (124)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 867
レビュー : 153
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577022887

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あなたにとって、たいせつなことはなんですか?グラス、スプーン、ひなぎく。みんな、たいせつなことはちがいます。さて、いったいなんでしょうか──。
    1949年にアメリカで出版、ロングセラーとなったものが半世紀の時を経て翻訳された作品。不気味な表紙に躊躇しつつも、ひなぎくの見開きが綺麗だったので恐る恐る読んでみた。文章は少々読みづらい気がした。他の感想にも違和感を覚えた人が多いらしく、わたしだけでないと安心。訳者は翻訳したの初めてだったことが原因かな?個人的に、ゆきにとってたいせつなことの内容を知り思わず頷いた。

  • ≪県立図書館≫
    絵は魅力的だった。
    でも、文章は、私にはそれほど詩的にも感じられず
    たいした深みもなかった。
    私にとっては。

    もう少し、不自由を強いられている場合においては、この本の意義が体感できるのかもしれないけれど
    今、私が読むと、かえって狭い思考のように思えてしまう。

    たいせつなこと、なんて、そんな一面的には語れない。

  • 4歳児には難しかったみたい・・・

  • しずかに流れる絵と文、
    何気ない日常のなかで
    見失いそうな、たいせつなこと、って。

    いただきものの絵本です。

  • あなたがあなたであること。最終ペイジのことばに尽きる。いろんな役割や個性を持った個体や生体が常にどんな状況においてもそのままであることが誰かに期待されていること。というようなお話。

  • 詩で表現された、たいせつなこと
    子供にはちょっと理解しにくいですが、こどもなりに理解するようですよ!

マーガレット・ワイズブラウンの作品

ツイートする