さかな1ぴき なまのまま

著者 :
  • フレーベル館
3.70
  • (2)
  • (12)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577035337

作品紹介・あらすじ

「ごえんがあったら、またね」-ともだちをさがしに、たびにでる、ねこのおはなし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分かるんだけど、描き切れていない。友達ってこういうこと?いやなところもあるけど、いつもいるみたいな。作者のあとがきってこういうばあい、あざといかんじがする。「物語」を説明してはいけないのでは。

  • 14分くらい。
    おばあさんと一緒に住んでいるのは、男の子の猫。
    ある日猫は、友達を探しに出かけて行きます。
    そこで出会った一匹のヘビ。猫は、ヘビとは友達になれないと
    思って、ヘビから離れようとします。

  • 佐野洋子
    出会いって不思議

  • ねこの男の子が友達をさがしに出る。理想の友達ってなんだろう? 彼の迷いっぷりが共感を呼ぶ。ただし大変長いので、読み聞かせにはどうか。14分ほど。

  • ある日、ねこの男の子が友達を探しに出かける。
    だけど、仲良くなりたいと思った素敵なねこの女の子は、血統書つきで相手にしてくれない。最初に出会ったヘビとはあんまり友達になりたくないんだけどな。。っていうお話。
    このねこの男の子はとても他人の目を気にしていて、ほんとに見る目がない、笑
    友達になろうと寄ってくるヘビが親切にしてくれたことに、ようやく気付いて仲良くなるのは最後の最後、笑
    自分たちの周りにもヘビはいるかもしれない。

  • 絵の具がはみ出したようなタッチのコワかわいい猫。表情があるようなないような顔つきに、心地よい距離感を覚える。 友達を探しに 、おばあちゃんを置いて家を出て行き、誰かに出会い、避けたり避けられたり、傷ついたり、怖い思いをしたり、助けられたり、、、

    欲しくても手に入らないものと舞い込んでくるもの、去ってしまった何かとまた来るかもしれない何か、 誰かにしてもらうこととしてあげること、、、子供の小さな世界の物語のようで、一生繰り返し出会い、考えさせられていくテーマかも。言葉のやりとりも、みかけよりも高度。スルメのように噛むごとに味が出てくる大人の本なのかも。

  • ずっと気になっていた1冊。
    やっとこ読みました。
    さのようこさんの本は大人になると、なおいいよ。ってよく言われているけど。
    うんうん。大人だからこそわかることが多い気がする。
    「時をともに分ち合う事が友情」
    あーーーしっくりくる!すっきり!!

  • あの子と友達になったきっかけってなんだろう。そんなことを読み終わって思った。

  • 友だちになるきっかけの不思議さを感じさせてくれる。

  • 佐野洋子さんの絵は油絵でも佐野洋子さんの絵だった。


    へびさんの粘り勝ちかね。
    そうね、友達にも理想ってあるのかもしれない。
    でも、理想でできるものじゃないよね、友達って。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

さの・ようこ――1938年、中国・北京で生まれ、終戦後、日本に引き揚げました。1958年、武蔵野美術大学に入学。1967年、ベルリン造形大学でリトグラフを学びます。著書の絵本では、ロングセラーとなった『100万回生きたねこ』(講談社)や第8回講談社出版文化賞絵本賞を受賞した『わたしのぼうし』(ポプラ社)ほかがあります。童話にも、『わたしが妹だったとき』(偕成社)第1回新美南吉児童文学賞受賞作などがあり、そのほかに『ふつうがえらい』(新潮文庫)をはじめとするエッセイも執筆、『神も仏もありませぬ』(ちくま文庫)では第3回小林秀雄賞を受賞しました。2003年、紫綬褒章受章。2010年、永眠。享年72。

「2018年 『ヨーコさんの“言葉” じゃ、どうする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐野洋子の作品

ツイートする