みみずん

  • フレーベル館
3.45
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577041154

作品紹介・あらすじ

みみずむらにすむみみずんは、まいにちぐうたらねてばかり。あるひてんてきべろりんちょにおそわれ、だいピンチ。「…だ、だれか、たすけてー!」そんなぐーたらみみずんの声にこたえてくれたのは、仲間のみみずたちでした。4才ごろから。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 土の中にあるみみず村が天敵べろりんちょに襲われる。
    逃げ遅れてぐうたら寝ていたみみずんは大きな音でようやく目を覚まして、「ぜったい外に出ちゃだめでしょ」という4歳9ヶ月の息子の言葉も虚しく外に飛び出すが…。べろりんちょに捕まりかけるも、救助隊のミミズたちに助けられて一安心。
    べろりんちょの正体は全然予想つかなかったけれど、正体が分かればそのネーミングに納得。
    救助隊を志すみみずんに、「ゴロゴロ寝てばかりじゃ(救助隊)なれないね」と息子は最後まで辛口だったw

  • ミミズ村のミミズのみみずんはぐうたらで寝てばかり。
    あるとき、雨が降ってみんなは大部屋に避難しているのに、みみずんは気づかない。
    べろりんちょが迫っているのに…。
    みんながいなくなったことに気付いてあちこち探し回っているうちにべろりんちょの舌に捕まってしまう。
    ミミズの救助隊たちがみみずんの体を引っ張ってべろりんちょも舌を引っ張られて参って逃げていく。
    自分を助けてくれた救助隊たちみたいになりたいと思うみみずんだった。

    部屋の中にゴミ袋があるし、みみずんすごくぐうたら…。

    べろりんちょとは…?
    ということだけが気になって先を読む程度。
    ミミズを主人公にしたのは珍しいかもしれないけれど、ここまでぐうたらだと、こんなぐうたらな人が1回のことが心を入れ替えるものなのかな…と疑問。
    こんなぐうたらなミミズは食べられても自業自得としか思えない。
    子供の落書きっぽい絵柄も合わなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。
イラストレーター。名古屋造形芸術短期大学卒。
会社員を経て95年よりイラストレーターに。おもな絵本作品に『だったらいいな』(ボローニャ国際絵本原画展入賞)『みみずん』『海へ行こうよ』などがある。

「2015年 『おしごとのおはなし 花屋さん 菜乃のポケット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かべやふようの作品

ツイートする
×