ぼくとテスの秘密の七日間 (文学の森)

  • フレーベル館
3.68
  • (4)
  • (12)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577042182

作品紹介・あらすじ

テッセル島で出会った女の子、テス。ぼくよりちょっと年上で頭ひとつ分、背が高い。それに、ヘンなことが好きなんだ。テスはパパを知らないんだって。そんなことって、あるわけ?初めて会ったヒューホを「パパ」と認めるかどうか、テスはじぶんで決めたいと願っていて、サミュエルはそんなテスの秘密の計画に手を貸します。家族ってなんだろう。少年サミュエルの心が旅する七日間の物語。2014年旗と吹流し賞受賞(CPNB/オランダ図書共同宣伝機構選定)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分の存在を知らない父親と接触することによって自らの存在意義を確認する少女。
    家族や友人との、いつかは訪れる別れについて考える少年。

    1週間の休暇の間に出会った2人と、彼らを取り巻く人たちの物語。

    児童書らしく、最後はハッピーエンドでいいけれど、このお話は万人向けなのだろうか?
    それとも、どんな境遇にいても、このくらいの話は受け入れられるようになるのが高学年なのだろうか???

    作品として非常に優れているものとはいいがたいが、及第点には達している。このテーマ(親から認識されていない子)がお薦め本としてOKなのならば。

    残念なのはやはり絵。表紙は別にいいのだが、挿絵は興ざめ。
    不必要に漫画チックだし、物語と表情が合っていない点も気になる(特に56ページ、177ページのヘンドリックさん)。

  • 意外にも良かった。
    途中たらたらしていて、何度か放り出しそうになったけれど、最後まで読むと、なんともいえない充足感。
    主人公の気持ちをきちんと丁寧につづっているからだろう。登場人物に立体感がある。良作。

  • 私もこんな島に滞在してみたいけど、一人じゃ無理だなー

  • 小学校高学年くらいからの児童書。父を知らないテスの父親探し?を手伝うぼくの夏休みの1週間。自分が産まれた意味を考えることのできる作品。

  • 2015年度課題図書(5&6年)

  • 旅行先で出会ったテスという少女と「お父さん」を巡って、少年サミュエルが深く考えるお話です。テスのパパは、もう11歳になる娘の存在を知りません。テスは自分でパパを見つけ出し、自分が娘だと伝えようとしましたが…。大切な人ととの、大切な時間について考えさせられました。

  • 10歳の少年が、旅行でやって来た島で出会った年上の少女との冒険物語。
    子どもからちょっと大人へ。
    コロコロ揺れ動く少年の気持ちを通して、
    思春期の子どもを持つ家族での距離感を考えさせられる。

    海外児童書の翻訳本。
    10歳の少年・サミュエルが主人公。
    父母と兄の4人で長期休暇でやって来た島での冒険物語。

    仲良くない兄との関係。
    『教授』と呼ばれるほどの早熟。

    出会った年上の少女・テスとのちょぴり恋愛感情。
    そして、彼女には父親がいなかった。

    いや、テスには父親がいた。
    探し出して、彼女がいる島に誘い出す。

    サミュエルの心境を映し出す状況描写が、
    思春期の少年の気持ちをよく表している。

    『わけわかんない状態に、なれないといけないから』
    出会わなければ、別れの寂しさに合わなくいい。
    そんな彼に、出会ったおじいさんヘンドリックが諭す。
    『孤独になれても、なんの役にも立たん。』

    海外的な機知が富みすぎた会話が、日本の子どもたちにウケないだろうと思った。
    一人母親子育て、という、いかにも、現代的な家族事情。
    子どもたちも、インターネットやソーシャルネットワークを活用する文化。

    それでもなお、家族とつながっていたい、という想い。
    生きている限り、一人ではつまらない、さびしい、共有したい。
    そして、冒険心、決断力、思いやりを伝えている。

    平成27年度青少年読書感想文全国コンクール・小学校高学年課題図書。

  • 旅先での 濃密な 7日間!!

  • 2015年6月16日 朝5年生 課題図書紹介ブックトーク
    2015年6月30日 朝6年生 課題図書紹介ブックトーク

  • 課題図書

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年、ロンドンに生まれ、オランダのデン・ハーグで育つ。15歳で学校生活のコラムをフォルクスクラント紙に連載し、注目を集めた。邦訳に『ぼくとテスの秘密の七日間』(第61回青少年読書感想文全国コンクール課題図書)、『100時間の夜』(以上、フレーベル館)があり、オランダでは「この時代のもっともすぐれた児童書作家のひとり」と評されている。『Gips(ギプス)』(未邦訳)で2016年に金の石筆賞(オランダの児童文学賞)、本作も2017年、オランダ銀の石筆賞を受賞。また『ぼくとテスの秘密の七日間』の原作が映画化され、2020年春、日本でも公開される(邦題は『恐竜が教えてくれたこと』)。

「2020年 『おいで、アラスカ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンナ・ウォルツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドリュー・デイウ...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
辻村 深月
ポール フライシ...
tupera t...
R・J・パラシオ
マイケル モーパ...
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
ユージーン トリ...
くすのき しげの...
又吉 直樹
那須田淳
スティーヴン デ...
福田 隆浩
デボラ ホプキン...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくとテスの秘密の七日間 (文学の森)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×