なずず このっぺ?

  • フレーベル館
3.98
  • (26)
  • (16)
  • (16)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 241
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784577045855

作品紹介・あらすじ

「なずず このっぺ?」といちばんベーシックな昆虫語の問いかけからストーリーは始まります。虫たちのおしゃべり昆虫語のえほん。2017年コルデコット賞オナーブック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昆虫語の絵本。

    もしかしたら、虫たちもちゃんと言語を使っているのかも

    こどもたちの創造性を発揮させて、どんどん昆虫語を見つけていく。
    すごいなあと思う。
    読み聞かせていると、こちらもなんとなくわかってくるから不思議。

    アーサービナードさんの訳というのも親しみが湧きます。

  • まず、表紙タイトルの「なずず このっぺ?」というところから、何を言っているのだろうと読者の興味をそそる。
    昆虫たちの家づくりを中心にストーリーが進んでいく。途中で蜘蛛が襲われる場面には驚くが、物語はほのぼのと進む。
    最後まで意味不明の昆虫語であるが、ページを進めるたびに何となく理解したような気持ちになる。
    作者の前作「わたしのいえ」を読んだことがあり、単なるアート絵本作家だと思っていたが、評価を一変させるくらいの楽しい絵本であった。

  • 読みたいと思っていたら、図書館で娘が選んだ絵本の福袋「ことば」に入っていてびっくり。
    期待通りの素敵な本で、娘4歳も気に入って繰り返し読んでいる。
    虫たちの言葉の音がとても面白く、これはこう言ってるのかな、この虫の名前かな、と娘と話すのも楽しい。
    絵も良くて、ずっと見ていたくなる。

  • 昆虫語、わっぱどがららん…

  • 2021.02.04 5-1

  • 6歳息子。
    だんだん一人で本を読むようになってきたので、感想基準変更しました。主に親が選んだ作品を図書館から借りてきています。

    6歳0ヵ月

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯

    〈子〉
    何度も読む(お気に入り)
    ちょうど良いボリューム ◯
    その他 

    昆虫がおしゃべりしていたらこんなだろうな、
    というのを想像しながら、力をこめて読み聞かせ。
    でも息子の反応いまいち…なぜ??

  • ことばのいみがわからなかった。(7歳感想)

  • 日本語ではなく、

    虫言葉って言うのが魅力的だった。

    絵も素敵

  • 何度でも読める

  • 2年生に読み聞かせ。

    「なずず このっぺ?」
    「わっぱど がららん」

    これは、聞いたことも読んだこともない、すべてがオリジナル言語「昆虫語」で書かれたユニークな絵本。

    終始こんなセリフが続くので、何言ってるのかわからない⁉︎いぇいえ、なぜか 解ってしまうのがこの本のすごいところ!

    子どもたちには大ウケ!反応大です!

    面白いだけでなく、絵もとても綺麗で、細部まで楽しみがつまっているのも魅力。

    読み聞かせ後、「おもしろかった♪」「絶対借りたい!」とあちらこちらから声が聞こえてきて嬉しかったです。

    しかしこれを課題図書とするとは…やりますね。
    子ども達の読書感想文、是非とも読んでみたいです☆

    「じゃじゃこん!」

全28件中 1 - 10件を表示

アーサービナードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ペクヒナ
ローズマリーマカ...
ヨシタケ シンス...
ユージーン トリ...
なかの ひろたか
馬場 のぼる
谷川 俊太郎
ヨシタケシンス...
ヨシタケシンス...
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印

なずず このっぺ?を本棚に登録しているひと

ツイートする
×