イングランド―ティーハウスをめぐる旅

著者 :
  • 文化出版局
3.64
  • (13)
  • (10)
  • (29)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 112
感想 : 20
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579206636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • bebe antiques
    https://bebeantiques.theshop.jp/

    小関 由美(@koseki.yumi) • Instagram写真と動画
    https://www.instagram.com/koseki.yumi/

    イングランドーティーハウスをめぐる旅 - Webcat Plus
    http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/2860470.html

  • 食べることが大好きな著者による、イギリスティーハウス見聞録です。
    コーヒー党の私でも紅茶に票を入れてしまうほどの魅力的なハウスが沢山載っています。
    美しい写真が理解を助け、更にお茶請けのレシピも収録されています。
    楽しく旅をした気分になれました。

  • コーヒーよりは
    紅茶が好きです。


    シンプルなチーズケーキや
    ビスケット、
    パイ、サンドイッチなんかにも
    紅茶はピッタリ合うんですよね♪


    そして都会よりは
    田舎町の
    のどかな風景が好きな自分にとっては、
    まさしくピンポイントで
    ツボをついてくる
    ヨダレ本でした(笑)



    そんな紅茶に
    欠かせないお菓子やケーキ、

    ロンドンで注目されている
    ティーハウス、

    インテリアも素敵な
    気取らない
    田舎のティーハウスなど、


    英国アンティーク研究家でもある
    小関由美さんならではの
    的確なレポと、

    美しい写真も
    たっぷり掲載しているので、


    ただボーっと眺めるだけでも
    緑豊かなイギリスの田舎町を旅しているような
    のんびりした気分を味わえます。


    地図や店の情報や
    イギリスの伝統的なお菓子のレシピもついているので、

    現地でのガイド本としても
    ちょっとしたレシピ本としても
    必ず重宝するハズです☆



    いつかは
    イギリスの田舎町にある
    花と緑に囲まれた
    イングリッシュガーデンの中で、

    「不思議の国のアリス」や
    「ピーターラビット」や
    「くまのプーさん」なんかの
    英国児童文学の世界に浸りながら
    ゆったりまったり
    お茶してみたいなぁ〜(*^o^*)

  • 紅茶にスコーンにケーキ、サンドイッチ・・
    どのお店も置いてあるものは似たり寄ったりなのに同じ物ではないし、とても作り手がこだわりを持っているのが素敵。美味しそう。

    レシピは現実で調達した材料が必要なものもありそう・・?

  • 初めてティーハウスという言葉を知ったのもこの本からでした。カフェかなにかと思ってました。カフェともちょっと違っていて、地元の憩いの場なのだなと分かりました。紅茶を飲む習慣が無くなってきているのも書いてあり、寂しく思います。私はコーヒーより紅茶の方が好きな人間なのでイギリス本場には、かなり憧れがあります。お菓子とかかなり甘いと聞いているので、行った時には心して食べたいと思います。本の中には、レシピが載っているので、ワクワクして読めました。いつか作ってみたいです。

  • ぼーっとしたいときに読んだ一冊。
    写真も豊富で眺めるだけでも楽しめた。
    近くまで行っていたのに知らなかったお店もあったので、今度イギリスに行くときには寄ってみたいな。

  • イギリスのティーハウスがいろいろと紹介されています。行く機会はないかもしれないけど、きれいな景色や美味しそうなお菓子の写真を眺めるだけでも満足できます。伝統的イギリス菓子のレシピも何点かついていて良かったです。

  •  この1冊の出会いが、私のロンドンのティーハウスへの
    憧れをかきたてたといっても過言ではない。

  • 大好きな紅茶屋さんで一目ぼれした1冊。
    イングランドのティーハウスの写真がたくさん!!
    紅茶好きでなくても、イギリス好きな方にもオススメです。
    日本で頼むアフタヌーンティーとは違い、たっぷり紅茶と甘いお菓子で気軽にティータイムという感じです。
    スコーンやケーキのレシピも載っているので、作ってみるのも楽しそう。

  • タイトルに惹かれて購入。
    美味しい紅茶が飲みたくなる。
    フルーツが入ってる紅茶が好きだなあ。
    今年イギリスに行く事が出来たら、
    実践してやる。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小関 由美:出版社勤務を経て、1989年の渡英以来、文筆業のかたわら、アンティークビジネス「Bebe’s Antiques」も営業中。主な著書に『英国アフタヌーンティーとお菓子』(講談社)『スコーン大好き!いちばん愛される英国菓子15人のとっておきレシピ』(誠文堂新光社)など、英国文化に関する多くの著作を執筆。

「2023年 『ベリーズティールームの本格紅茶と英国菓子レシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小関由美の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×