干し野菜のすすめ

著者 :
  • 文化出版局
3.33
  • (3)
  • (11)
  • (30)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579208449

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 干し野菜に目覚めて購入した2冊目の本。ちなみに1冊目は母に奪われる。発行年をみてびっくり、重版を続けること10年近くということで、愛されている本なのだろうと購入。眺めているだけでも楽しい1冊。レシピにも挑戦したい。

  • 干し野菜の作り方というより、料理の仕方をメインに紹介されています。

    料理も複雑なものが多く時間がある人向け。

    ひよこ豆を使った料理はあまり紹介されているレシピ本が少ないので役に立ちました。

  • 「ドライトマトのオイル漬け」とそれを使ったパスタが参考になった。

  • この本で干し野菜に目覚める。
    野菜のうまみが凝縮されて、ほんとうにしみじみ美味しい。
    なす、きゅうりがオススメ。
    図書館で借りるの三回目なので、買いたいんだけど
    内容がシンプルなので、文庫サイズで出してほしい。

  • ずーっと干し野菜に興味があり、図書館にあったので借りてみました。
    返却期限に間に合わず、実際試したレシピはないのだけれど・・・
    野菜の種類別に切り方や干し方のコツが記載されていて、レシピの手順もシンプルなものが多かったので、購入しようか迷い中。

  • ピクルスの味付けがすっぱすぎて合わず。
    以前から思っていたけど、有元さんの舌と私の舌は合わないらしい・・。
    干し野菜は保存もできるので重宝しています。

  • 野菜を干すのは楽しいです。
    有効においしい料理にしたいので、是非よみたい!

  • 干し野菜のすすめ

  • 地味だ。凄い地味だ。
    だけど、凄い。干すって凄い。
    干すだけで栄養価があがったり、うまみがでるから凄い。
    これぞロハスじゃ。

  • これは意外!
    こんな素敵な干し野菜を
    すすめる有元先生は凄い

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

素材の持ち味を生かし、余分なものを入れない引き算の料理が人気。自分が本当によいと思える食材と調味料を使い、心と体が納得するシンプルなおいしさを追及。東京・玉川田園調布で料理教室「cooking class」を主宰し、自由な発想でレッスンを行う。『有元葉子の料理教室 春夏秋冬レシピ』、料理レシピ本大賞2018受賞『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』ほか著書多数。

「2019年 『有元葉子の料理教室3 秋冬レシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有元葉子の作品

干し野菜のすすめを本棚に登録しているひと

ツイートする