有元葉子のマリネがあれば―仕込んでおいて、すぐごはん

著者 :
  • 文化出版局
3.42
  • (6)
  • (7)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (78ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579210558

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有元葉子さんの本は目にすると手に取ってしまう。

    料理とその発想にいつも脱帽

  • 本書はレシピ本に非ず、個々のレシピにとらわれる勿れ、食と食物の哲学書。

  • 酢好き・柑橘好きにはたまらないレシピの数々。
    ただ、材料を限定するものも多く
    チャレンジ精神で自分でレパートリー固めるには
    不自由さがあるかもしれないですね。

  • 手に入りにくい材料もありますが、手順はシンプル、作ればおいしい!
    干し野菜のマリネはぜひ試してほしい一品です。
    ピクルスのレシピも載っていますが、
    市販のそれとはちょっと味が違います。

  • 写真もきれいだし、わかりやすいけれど
    魚系のレシピが多かったので
    あんまり魚調理しない東京一人暮らしには
    いまいちやる気をおこされなかった。

  • なあんとなく、手にしたものではありましたが、さすが有元さんでした。おいしい、おいしい。まだ作ってないけど豚肉のにんにくみそ漬け、やってみたい。若いころはあんまり好きじゃなかった有元さんのレシピ。素材を活かしたシンプルな味に慣れてなかったのだろうか…。

  • マリネって、酢に漬けることだと思い込んでいましたが、この本のマリネには、レモンや酢を使うレシピも多い中、ただ塩を振るだけだったり、「味噌漬け」や「にんにく醤油漬け」にしたりと、「漬け込む」=マリネという感じでした。
    火を通してからマリネするか、マリネしてから火を通すか、という2パターンに、素材様々、火の通し方様々。応用がききそうな内容です。

  • 簡単だし、妙にこじゃれたおかずができてうれしい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

素材の持ち味を生かし、余分なものを入れない引き算の料理が人気。自分が本当によいと思える食材と調味料を使い、心と体が納得するシンプルなおいしさを追及。東京・玉川田園調布で料理教室「cooking class」を主宰し、自由な発想でレッスンを行う。『有元葉子の料理教室 春夏秋冬レシピ』、料理レシピ本大賞2018受賞『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』ほか著書多数。

「2019年 『有元葉子の料理教室3 秋冬レシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有元葉子の作品

有元葉子のマリネがあれば―仕込んでおいて、すぐごはんを本棚に登録しているひと

ツイートする