らくしておいしい塩味レシピ―素材を生かす浜内マジック ノンオイル&ノンシュガー

著者 :
  • 文化出版局
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (87ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579210817

作品紹介・あらすじ

味をみるにも、濃いか薄いかで判断できるので誰にでもわかりやすい。鶏肉は鶏肉の味、じゃがいもはじゃがいもの味。塩にすると素材の味そのものを楽しむことができる。しょうゆで煮ると黒ずんでしまう豆腐も、塩味なら白く、青菜は緑にと、素材の色そのものが料理に反映するので、実にカラフル。塩だけで味つけしてみると、料理のハードルが下がって、作るのがぐんとラクになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「勝間式ロジカル家事」の中で紹介されていた本。

  • 塩かぼちゃと煮豆を作りました。我が家の塩はニガリが多いためか、前者はレシピ通りの量、後者はレシピより少ない量の塩を入れましたが、ちょっと塩っぱく感じました。でも、砂糖なしの美味しさが分かりました。

  • 『勝間式 超ロジカル家事』で紹介されていた本。
    塩味だけで、おいしいのか?と思ったけど、メリットも。

    ・味の決め方が「濃い、薄い」だけなので簡単
    ・素材の味が活かせる
    ・材料の色がそのままなので、見た目がきれい
    ・塩味だけなので、和風・中華風などの制限がなくなり、組み合わせが自由
    など。

    浜内さんは以前25キロ以上のダイエットをされたことがあり、その経験から家でも調味料はほぼ塩とお酒のみだそうだ。この本も「ノンオイル&ノンシュガー」とうたっている。

    メニューによってはそこまでしなくても…と思うものもあるが、 何も考えずに「砂糖、しょうゆ、みりん」などを入れるのではなく、味がイメージできるものは試してみたい。

  • 素材そのものの味や色が楽しめる。味付けがラク。お湯を沸かして火を止め、お肉を洗う。煮汁のあんを作ってからその中で火を通す。

    オイル、砂糖、しょうゆ無しで美味しく作るための様々コツがあるのがわかりました。

  • 2016.5

  • シンプルイズベスト。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

料理研究家。徳島県生まれ。1980年に東京にファミリークッキングスクールを開校し、校長として40年以上講師を務める。健康的で作りやすいレシピに定評があり、テレビ出演や雑誌、書籍などで幅広く活躍している。近著に『夜に飲むリカバリースープ』(WAVE出版)、『こねないおうちパン』(辰巳出版)など。2021年には、シンガーソングライターで俳優の福山雅治さんのファンクラブ「BROS.」発足30周年を記念したオンライン番組『福山雅治の口福キッチン』にて、福山さんとともにスペシャルレシピを考案中。

「2021年 『免疫力が上がる2品献立』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浜内千波の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
チップ・ハース
瀧本 哲史
ヴィクトール・E...
辻村 深月
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×