自分でつくるグラノーラ

著者 :
  • 文化出版局
3.83
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (87ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579211876

作品紹介・あらすじ

granolaはシリアルの一種で保存食。主材料はオーツ麦(オートミール)。19世紀のアメリカで健康食品として開発されました。この本では、高熱を加えないローノーラ、オーツ麦で作る温かいポリッジ(お粥)、冷たいオーバーナイトオートミール、シンプルな焼き菓子、付合せにおいしいジャムやドライフルーツ、ドリンクも提案します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • グラノーラなんてお洒落な感じで、自分で作るなんて考えられないと思っていた。材料いっぱいで手間がかかるし。
    この本は分かりやすく書かれている。ただグラノーラを作るだけじゃなくて、何をかけて食べるか、かけるものも詳しく解説。それから、グラノーラをを展開したおやつも提案。
    アーモンドミルクを自家製で作れるのかと驚愕。
    朝食を楽しむのに良さそうだ。家族を巻き込み一緒に作ってみよう。

  • サイコー

  • グラノーラにすっかりはまってしまっているのですが、主材料のオーツ麦がロールドオーツ・スチールカットオーツ等の加工がされているものが美味しい等々知らない事が沢山あり勉強になりました。フライパンでも作れるようなのでチャレンジしたいです。

  • 流行りの物を自作しようとというもの。
    それほど難しいものではないし、自分の好みの物を入れられるというのが良さそう。

    オーブンまたは食品乾燥機は必須。

  • 砂糖を控える生活をしていて、毎朝のシリアルの半量を甘いもののままにしているのに目をつぶっていた。
    砂糖を使わないグラノーラを作れるのが、嬉しい!
    グラノーラの友のリキッドの幅の広がりも興味深い。

  • ドライフルーツ、ジャム、代用糖の作り方も収録◎

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

菓子研究家。新宿高野に就職後、独立。書籍や雑誌で提案するフルーツレシピが人気。著書に『野菜、果物、ハーブで作るフレーバーウォーター』(文化出版局)、『新しいサラダ』(KADOKAWA)、『季節の果物でジャムを炊く』(立東舎)など多数。

「2018年 『いちじく好きのためのレシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福田里香の作品

ツイートする
×