雑誌の人格

著者 :
制作 : 能町 みね子 
  • 文化出版局
3.72
  • (48)
  • (69)
  • (75)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 845
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579304455

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「この雑誌読んでる読者像」を独断と偏見で具体的に想像しまくる本おもしろそうだから買った、イラストもいっぱいでかわいい

  • 青春時代に雑誌が大好きだった私からすると、ひたすら「わかるわぁ〜」となる1冊。
    いろんな雑誌やその読者イメージの考察についてまとめているんだけど、能町さんならではの視点が存分に加わっていて、読み物として楽しめる。
    かつて、そしていまも雑誌が好きな人は必読だと思いますっ!

  • ありとあらゆる雑誌の読者像を勝手に想像して解説していく本。
    素晴らしかったです。能町みね子の鋭い洞察力がフル発揮されてるし、同世代の雑誌好きとして雑誌を通して世界に感じていた憧れや愛を思い出させてくれる内容。
    といって中身はお堅くはなく、いたって笑いどころ満載で読み終わってしまうのがさみしいほどだった。
    AGEHAやLEONなど、突っ込みどころあり過ぎの雑誌に対しても悪口の域で収まらない、細かい指摘とそこからの理論の展開が何より快感。
    もう、ナンシー関の座はこの人に決定、っていうことで異議なし。

  • 装丁も中身もかわいい!共感したところが結構あって楽しかった。でも自分が買ってる雑誌はあまり載っていなかった。笑

  • 最近の雑誌って読んでないから、参考にしようっと。。。

    文化出版局のPR
    「『装苑』の大人気連載がついに書籍になって発売。能町みね子さんの独断と偏見でプロファイリングされた雑誌は数多。今回、単行本化にあたり40タイトルをピックアップ。再編集されたそれぞれのページは連載時の数倍のパワーを放っています。雑誌を愛するすべてのひと必見です。 」

全77件中 71 - 77件を表示

著者プロフィール

北海道出身、茨城県育ち。文章やイラストの仕事のほうが多い漫画家。他称好角家。雑誌やネット媒体でコラムなどの連載多数。2006年、イラストエッセイ『オカマだけどOLやってます。』(竹書房)でデビュー。著書に『くすぶれ!モテない系』(文春文庫)、『ドリカム層とモテない系』(ブックマン社)、『逃北〜つかれた時は北へ逃げます』(文春文庫)、『「能町みね子のときめきデートスポット」略して能スポ』(講談社文庫)、『雑誌の人格 2冊目』(文化出版局)、『うっかり鉄道』(幻冬者文庫)など。『「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」、略して能スポ』(講談社文庫)がサッカー本大賞2017の大賞を受賞。ラジオやテレビなどでも活躍している。

「2018年 『中野の森BAND』 で使われていた紹介文から引用しています。」

能町みね子の作品

ツイートする