たべたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

著者 :
  • 文化出版局
3.87
  • (125)
  • (102)
  • (141)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 1533
レビュー : 144
  • Amazon.co.jp ・本 (22ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579400225

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  さくらんぼ、いちご、めだまやきなどなど、どうぶつたちが食べました。
     さて、だれが食べたんだろう?

    となりのページには食べたであろうどうぶつたちが描かれて、中のだれが
    食べたかがわかる図柄になっているので、クイズ形式で楽しく見られます。

    また、ページをめくるごとにどうぶつたちの数が増え、数字やどうぶつたちの
    数え方を覚えるのにも役立ちそう。

  •  さくらんぼ たべたの だあれ?

     ぞうさんの しっぽが さくらんぼに なっています。

     どーなっつ たべたの だあれ?

     おさかなさんの しっぽが どーなっつに・・・。

    探しながら よみすすんでいくと とてもおもしろい 絵本です。

    六月 おいしいお話

  • りんごをたべたのはだあれ??
    犯人(?)の動物の体の一部が、食べたものに変わってる!
    1歳の頃から読み始め、2歳の頃には犯人探しが完璧にできるようになった。
    サンドイッチとか、ソーセージとか、子どもには結構難しいと思いきや、スラスラと見つける。何度も読んでるから、というのもあるけど。

    最後のソフトクリームには、毎回大笑いです!
    そして巻末の五味氏の写真に、「この人だあれ?」と必ず反応する(笑)

  • こういう絵本、大好きです。にっこり笑って楽しみました。

  • また「あ」を探して楽しんでいる。まだだれが食べたかまではよくわかっていないみたいだった。目玉焼き柄の牛とかかわいかった。

  • 五味太郎さんの絵本は、インクのような色合いがステキ。
    いろんな食べ物と動物が出てくるので、楽しい絵本です。もっと大きくなったら数をかぞえるのにもいいかも。
    一緒に「だあれ?」って言うのが好きなsaya。最後のページの作者の写真を指差して「これ、だあれ?」って必ず聞く(笑)

  • 動物の体の一部分が食べたものに変わっているのが面白いです。
    最初は簡単でも、仲間が増えてだんだん食べた動物が見つかりにくくなります。
    色もカラフルで夢中になって探すのを楽しめる絵本です。

  • 1歳8ヵ月歳)娘のツボ。サンドイッチのヘビとアイスの男の子が好き。「ぱえた(たべた)のだぁれ読むー!」とよく引っ張り出してくる本

  • 絵が他の絵本にはない感じで良い。誰が食べたか探してる。

  • たべたのだあれ
    の台詞とともに食べ物が描かれています。
    もう一方のページには動物たちが。
    だれが食べたのかすぐわかる絵も可愛らしいです。
    さらっと読むと1分半ですが、子供と誰かな~?と探しながら読むと時間は未知数ですね
    出てくる動物も2.3.4,,,と増えていくのでそこも楽しめますね

全144件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1945年、東京生まれ。工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。子どもからおとなまで、世界中に幅広いファンを持つ。著作は400冊近くあり、多くの絵本が世界各国で翻訳されている。代表作に『きんぎょがにげた』『みんなうんち』『言葉図鑑』『さるるるる』『きみの のぞみは なんですか?』などがある。『つくえはつくえ』で2019年に講談社絵本賞を受賞。

「2020年 『もみのき そのみを かざりなさい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
モーリス・センダ...
ハリエット・ツィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

たべたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×