ふたりはいつも (ミセスこどもの本)

制作 : 三木 卓 
  • 文化出版局
4.04
  • (179)
  • (66)
  • (158)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 997
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579400805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • がまくんとかえるくんのシリーズ3冊目。
    「そこの かどまで」という、かえるくんが子供の頃の話がほっこりする。かえるくんは本当に優しくて、いい人(かえる)なんだ~!

  • 絵本で吹き出す予定はなかったんですけれど、めっちゃ面白かった!シュ、シュール…!!


    最初の雪のお話とアイスクリームのお話、ツボでした(笑)


    他のお話はほっこり読めました。面白い〜。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ツボでした(笑)」
      二人(二蛙?)の遣り取りが絶妙で、このシリーズは大好きです。。。
      「ツボでした(笑)」
      二人(二蛙?)の遣り取りが絶妙で、このシリーズは大好きです。。。
      2013/01/21
    • EBIPARAさん
      >nyancomaruさん
      こちらにもコメントありがとうございます!
      がまくんかえるくんシリーズ面白いですね!この年になって初めて読んだ...
      >nyancomaruさん
      こちらにもコメントありがとうございます!
      がまくんかえるくんシリーズ面白いですね!この年になって初めて読んだんですけど手に取って本当に良かったです。
      他のシリーズも図書館で借りてみます(^^)
      2013/01/24
  • 「短い話を読みたい順に読んだら、すぐ読めた。
    がまくんが面白いんだよ。」(S8)
    教科書に出てきた、かえるくんとがまくんが大好きで本も読んでみた。
    「そりすべりとアイスクリームとクリスマスイブが面白かった。
    アイスクリームは溶けてがまくん鬼になっちゃうし、そりすべりはかえるくんががまくんにマフラー貸してくれたのに、かえるくんがぼくを殺そうとしたー!っていうの。クリスマスイブはかえるくんを助けに行こうと、いろいろ準備したのにさ、出かけようとしたら、かえるくんが来ちゃうんだよ。
    5点じゃ足りないよ。」

  • 図書館で借り。
    「がまくんとかえるくん」シリーズなので。

    「アイスクリーム」の話を選んで読み。
    チョコレートアイスお化けになったがまくんの挿絵のインパクトときたら。

  • クリスマス・イブなので。
    がまくんは心配性だけど、仲良しのふたりがとても大好き

  • 読み聞かせ。1話3分半。判型は小さいので遠目がきかない。読み聞かせの時間合わせに。2年生の国語にあわせて。がまくん、かえるくん。どの話もお互いを思いやる気持ちが素敵。

  • がまくんとかえるくんのシリーズ。アイスクリームのはなしがおもしろい。

  • 881
    4y10m

    じ。250
    2y2m

  • がまくんがどうして外に出たがらないのかぎもんに思った。

  • そりすべり
    そこの かどまで
    アイスクリーム
    おちば
    クリスマス・イブ

全102件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アーノルド・ローベル(Arnold Lobel)
1933年5月22日 - 1987年12月4日
20世紀アメリカを代表する絵本作家。ロサンゼルス生まれ。病気がちで不幸な少年時代を過ごし、高校卒業後ブルックリンの「プラット・インスティテュート」に入学。本のイラストレーションを学ぶ。ポーランド生まれの絵本作家アニタ・ローベルと出会って結婚。ローベルが文、彼女が作画を担当した絵本『わたしの庭のバラの花』などを出版。「ふたりはともだち」でコルデコット賞次賞と全米図書賞、「ふたりはいっしょ」でニューベリー賞、「どうぶつものがたり」でコルデコット賞を受賞。他に「ふくろうくん」「おはなしばんざい」(以上文化出版局刊)など。1987年ニューヨークの病院で他界

アーノルド・ローベルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
なかがわ りえこ
ばーじにあ・りー...
ヘレン・バンナー...
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)を本棚に登録しているひと

ツイートする