ネムノキをきらないで (文研じゅべにーる)

著者 :
  • 文研出版
3.50
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784580824164

作品紹介・あらすじ

おじいちゃんの家の庭にあるネムノキを、大人たちはきり倒すといいだした。ぼくは反対したけれど、大きくなりすぎたからといって、枝はきり落とされた。ぼくは、大人たちにいいたいことをうまくことばにできない……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岩瀬さんの作品。静かで日常をたんたんと表現し、そこにドキッとさせられるメッセージが入る。

  • おじいちゃんの家の庭にある大きなネムノキ。大人たちがその木を切る相談をしているのを聞き、伸夫は「絶対ダメ」と怒りを爆発させた。結局枝を落とすだけになったものの、大切な木が切り刻まれたことは、伸夫の心に傷を残す。それ以来、胸の中にある言葉をきちんと並べて口に出すことができなくなってしまったのだ。
    子どもの心の内を丁寧に丁寧に描き、友だちとの小さなエピソードを積み重ねながら、ほっと明るい思いを届ける物語。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

児童文学作家

「2021年 『わたしのあのこ あのこのわたし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩瀬成子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンス...
筒井 ともみ
シンシア・カドハ...
安田 夏菜
村田 沙耶香
中島信子
小手鞠 るい
アラングラッツ
小川糸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×