昼の学校 夜の学校

著者 :
  • 平凡社
3.54
  • (8)
  • (14)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582231137

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉が力強い。

  • また一人、新たな先生が自分の中に誕生したと言っても過言ではない。

  • 森山大道は有名な写真家で、だからもちろんこの本では「写真」について対話がなされてるんだけど、写真意外にも置き換えられる、と思った。やっぱり、なんでも、続けるにかぎるとおもう。そして、そのためにはいっぱい量をこなさなくちゃいけない。わからなくなったのなら、なおさらぶつかってかなきゃ。写真を始めて間もないころに、森山大道の講演を聞いたことがある。「森山大道ってだれ?」状態だったし、ただ撮ってて楽しいだけだから「なんでみんなこんなに写真に一生懸命なの?」と思ってた。今なら少しわかるかな。この学生と森山大道の質疑応答、その場で聞いてみたい。

  • 途中に書いてあるとおり、ソクラテスメソッドのような風景。

  • この本からはあまり得ることはなかったなぁ。
    森山大道は、文字を追うなら写真集を見た方が刺激的。

  • 札幌市中央図書館
    北海学園大図書館

  • やはり”本物”の言葉には説得力があります。著者である森山大道さんの写真はあまり見た事がないのですが、その言葉には”本物の重み”がありました。
    写真で何らかのゴールを目指すのであれば、とにかく量を撮らないといけない。量なくして、上質はあり得ない。
    重い言葉が、割と淡々と語られているところに逆に存在感を感じました。
    ”本物”の本です。

  • 大学や専門学校での森山さんの講義をそのまま本にしたものなので、読みやすく分かりやすい。学生たちのストレートな質問に、一つひとつ丁寧に答える森山さんの姿が言葉に現れています。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

写真家。1938年大阪府池田市生まれ。デザイナーから転身し、岩宮武二、細江英公の助手を経て、1964年にフリーの写真家として活動を始める。1967年『カメラ毎日』に掲載した「にっぽん劇場」などのシリーズで日本写真批評家協会新人賞を受賞。近年では、テートモダン(ロンドン)で行われたウィリアム・クラインとの合同展(2012~13年)他、国内外で大規模な展覧会が開催され、国際写真センター(ニューヨーク)Infinity Award功労賞を受賞(2012年)するなど、世界的に高い評価を受けている。

「2017年 『写真集 あゝ、荒野』 で使われていた紹介文から引用しています。」

昼の学校 夜の学校のその他の作品

昼の学校 夜の学校+ (平凡社ライブラリー) 単行本(ソフトカバー) 昼の学校 夜の学校+ (平凡社ライブラリー) 森山大道

森山大道の作品

ツイートする