水の名前

著者 :
  • 平凡社
3.97
  • (9)
  • (18)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 111
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582277623

作品紹介・あらすじ

水のある風景と、四季をあらわす水の言葉のコラボレーション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  水の風景が綺麗。水主体の文章なのに地球を丸ごと意識させる、感じさせる写真と言葉の本。

  • 水に関する言葉が数多く紹介されています。その言葉に関連した写真も綺麗でイメージが広がります。透明な水のイメージが大好きな人におすすめ。

  • 資料のために買いました。

  • 美しい水のある風景写真とともにその情景にぴったりの言葉を綴ってある本。聞いたこともないような言葉があり、日本人ならぜひ知っておきたい美しい言葉満載。水の豊かな国「日本」っていいなぁ・・と思わせてくれる本です。

  •  見てるだけで良い。
     そんなもののリストがあるとするなら、日本語も追加したい。
     
     余計な言葉つけたくないシリーズ。
     どれをとってもハズレはない。

  • 参考書(笑)

  • 季節を感じさせる言葉と、その言葉をイメージさせる写真とで
    構成された写真集です。
    言葉は季語だけでなく、風物詩などからもセレクトされていますが、
    添えられた写真の中のさまざまな水の姿に、日本の四季と水との
    密接なかかわりを感じさせられます。
    雨、川、雲、氷、霧、雪、霜、海、……
    そして、それら水の恩恵に与って生きている動植物。

    水のある風景の美しさを堪能しながら、その水の貴重さについても
    考えさせられました.

  • 水に関する言葉を四季で分けて紹介した本。写真も一緒にのっていてイメージが膨らみやすい。
    2009/6/25

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1962年東京生まれ。東海大学海洋学部水産学科卒業。淡水世界をフィールドとし、そこに生息する生き物とそれらを取り巻く環境の撮影をライフワークとする。1999年、和歌山に移住。写真集や図鑑、写真絵本などの創作活動を続けている。テレビ番組の制作・出演も多く、環境学習会、講演などの活動もしている。
主な著書に『大山椒魚』(ビブロス)『水のコレクション』(フレーベル館)『田んぼの生き物図鑑』(山と渓谷社)『新人諸君! 弱い雄の戦略に学べ!』(プレジデント社)

「2017年 『水のこと 水の国、わかやま。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内山りゅうの作品

ツイートする
×