上野駅の幕間 本橋成一写真集

著者 :
  • 平凡社
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582277951

作品紹介・あらすじ

旅立つ人、送る人、帰る人、迎える人、待つ人、佇む人、働く人、住む人…。物語がつむがれては幕間が訪れ、ふたたび新しいドラマが始まる。昭和の上野には、北の国と都会を結んだ"駅"という名の広場があった。上野駅開業130周年を機に、新装改訂して送る名作写真集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • .1983年刊行の改訂版
    モノクロ写真から、国鉄時代の上野駅を行き交う人々のの息遣いと空気が漂ってくる

  • 上野東京ラインの開業で途中駅になってしまった上野駅。今から30年以上も前の北の玄関口だった姿を見て手に取った一冊。

    写真を見ると新聞紙を敷いて酒盛りをしながら列車を待つ人、大きな荷物を背負ってる老婆がいる。何よりもホームが吸殻や紙屑で汚ない。今は化粧タイルと洒落た店の下に隠れてしまったが30年前は確かにこういう時代だった。

  • 「この駅の居心地のよさがたまらなく好きになった」
    著者が撮影した上野駅。

    新幹線が乗り入れる前の国鉄時代、
    「東京の北の玄関口」こと上野駅が舞台。
    「上野発の夜行列車降りたときから~」の、あの上野駅。
    1983年7月1日発行だから、
    もう、32年前の写真集になるのか。

    初めて見たはずなのに、初めて見た気がしない。不思議な感覚。
    中国の深セン駅や広州駅のような雰囲気があって驚いた。

    一人一人の関係性のみに焦点を絞って撮影している。
    写真の一枚一枚に登場人物の生活背景や奥深い心のひだ、
    一人一話ずつのドラマが語られている。

    出稼ぎの人々、帰省客、出張するサラリーマン、
    修学旅行生、出迎え見送る人々、国鉄職員、車内清掃員、
    売店のおねえさん、両替屋、靴みがき、住人(浮浪者)など、
    この多種多様な人たちがみな、
    それぞれの居心地のよい空間を作り出している。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1940年東京生まれ。写真家、映画監督。炭鉱、サーカス、上野駅、築地魚河岸、大衆藝能、屠場など、市井の人びとの生きざまに惹かれ写真に撮り続ける。

「2019年 『世界はたくさん、人類はみな他人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本橋成一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
三浦 しをん
本橋 成一
都築 響一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×