妖魅変成夜話 (1)

著者 :
  • 平凡社
3.51
  • (18)
  • (34)
  • (77)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582287523

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018.8.10市立図書館
    岡野玲子「陰陽師」にハマった娘のために軽い気持ちで1巻を借りてみたが、予想以上にこれもおもしろかったらしく続きをどんどん読んですすめてくるので自分でも読んだらおもしろい。
    晴明&博雅を彷彿とさせるクールビューティーな龍玉将軍&モテモテの秀才の李成譚がさまざまなあやかしにであう冒険。岡野さんの描く美男美女っぷりは半端なく、毛筆の線もうまい。続きが気になる。

  • 筆でサラサラっと描いた質感が素敵です。図書館で先に3巻を読み、絵に惹かれたのですが、1巻から読んで納得。
    1巻は、西遊記みたいなテイストも有って楽しいです。

  • 3巻まで持ってるお。途中からややこしいお。

  • 中国妖怪退治物。話がシンプルだし登場人物がキュートまたは美男美女なので、読んでて楽しい。

  • 中国ものかつ妖怪とか神様とかがでてきます。ストーリーが最初はイミフでしたが雰囲気が好きです。聊斎志異とか好きな人はこれ好きになれると思います。逆に読んだことがないと人や中国に関しての知識が無い方はちょっと「?」てなる所もあると思います。いつ・・・終わりますかね・・・。

  • ゆ、ゆるおもろー。

  • 1〜3・・・続巻

  • ずっと買ったまま放置していたもの。読んだらすごく面白くていっきに最後まで読みました。続きも購入予定。

  • まるで陰陽師の晴明と博雅のようなキャラクター
    絵巻物のような作画が美しく趣がある!

  • これは面白い。(#^.^#) (#^.^#)科挙の試験に受かって念願の役人になった主人公。でも、彼の任務は怪しげな「仙人系」の調査。実際、幽霊の女の子や狐につきまとわれている彼なのに、当時のエリートとして、科学で解明できないものは信じない、というスタンスが可愛いというか、おかしくてね。彼の上司が非常〜〜に摩訶不思議。果たして何者なのか、(人間なのかどうかも含めて)目的はなんなのか、まだ一巻しか読んでいないのでこれから続きを読まねばなりますまい。

全30件中 1 - 10件を表示

岡野玲子の作品

ツイートする