放浪者の書―博打うち、娼婦、ペテン師

著者 :
制作 : ハイナーベーンケ  ロルフヨハンスマイアー 
  • 平凡社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582474336

作品紹介・あらすじ

"中世の崩壊"そして"近世の誕生"する大激動期、都市や街道にあふれた乞食、旅芸人、娼婦、遍歴学生、渡り職人たちの姿と運命。多彩な詐欺文化の成立。

著者プロフィール

1912年~2002年。中世ドイツ文学、キリスト教文学研究者。横浜国立大学教授を務めた。
著書に『宗教改革時代のドイツ演劇』『世界の演劇文化史』など、訳書に『知と愛』(ヘッセ)、『アシジの聖フランシスコ』(ヨルゲンセン)などがある。

「2019年 『イミタチオ・クリスティ キリストにならいて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永野藤夫の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×