10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか

著者 :
  • 平凡社
4.43
  • (38)
  • (18)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 255
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582513356

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子宮頸がんワクチンは、原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぎ、子宮頸がんの発症を予防するワクチンである。日本では2009年に承認、以後、2010年から中学1年生から高校3年生相当の女子を対象に、接種の助成も行われてきた。
    ところが、2013年、歩行障害や著しい記憶障害といった重篤な副作用を訴える例が大きく取り上げられたため、積極的な接種の呼びかけが控えられることになった。
    2016年には子宮頸がんワクチンによる被害を訴えた国家賠償請求訴訟が起こされている。

    日本では、毎年、子宮頸がんによる死者は3000人、摘出される子宮は1万個という。
    子宮頸がんワクチンが有効であるならば、この数は0とはいかなくともかなりの減少を見せるはずである。
    一方で、日本では、国家賠償請求訴訟が終わるまでには10年を要すると言われる。おそらく、その間は、助成金を伴うワクチン接種が本格的に再開されることは困難だろう。
    年間1万個x10年、つまり10万個の子宮が、このために失われてしまうだろうというのがタイトルの主旨である。
    いささか扇情的な印象も受けるが、著者は「敢えて」そこを狙っているのかもしれない。

    Aが起きてBが起きる。時系列的にはそうであっても、それが即、Aが原因となってBが起こるという因果関係であることにはならない。そこを科学的に解明する際には、「エビデンス(証拠)」が必要となってくる。
    だが、子宮頸がんと重篤な副作用の間にはそのエビデンスが控えめに言っても十分ではないというのが著者の主張である。
    不幸にして、重篤な症状を示す少女たちは実際に出た。が、その原因が本当に子宮頸がんワクチンなのか。
    そうではないとするならば、この問題がこれほど大きくなった背景には何があるのか。

    著者は、このワクチンと副作用との因果関係に関して慎重に検討し、メディアを通じて発表してきた。
    2017年には、国際的なジョン・マドックス賞を受賞している。この賞は、長年、科学誌Natureの編集長を務めたジョン・マドックス(2009年物故)にちなんで2012年に創設されたもので、「公共の問題に関して、堅実な科学とエビデンスを広めた個人(an individual who has promoted sound science and evidence on a matter of public interest)」に与えられる。受賞者には代替医療や認知の歪みの問題と取り組んだジャーナリストや医師、研究者が並ぶ(2016年受賞者はエリザベス・ロフタス(『抑圧された記憶の神話』))。
    だが、これに先んじて、2016年にワクチン薬害を主張した医師の1人から、名誉毀損で裁判を起こされている。
    国家賠償訴訟の影響もあり、本書のもとになる記事の連載は打ち切られ、本書刊行までも多くの出版社が難色を示したという。

    本書では、子宮頸がんワクチン問題を整理し、データを科学的に検証し、ワクチン問題の社会学的側面を検討する。実際にワクチンを受け、重篤な障害を発症した少女本人にも取材している。
    少女たちが重篤な症状を起こしたのは痛ましいことだ。
    だが、それがワクチンのせいであるとする医師たちが行っている治療が、本当に妥当なものであるのか、という問題もある。

    反ワクチン運動はとかく激しくなりがちである。それが感情的なものを伴うのか、あるいは「科学」や「巨大製薬会社」というある種の「権威」に対する反発なのか、さまざま考えさせられる点は多い。
    この件には、報じられている以上に、大きな根深い問題が隠れているようにも思える。

  • 科学誌「ネイチャー」などが主催しているジョン・マドックス賞を日本人として初めて受賞した著者渾身の一冊です。タイトルの「10万個の子宮」には、日本だけで、毎年3000の命と1万の子宮が子宮頸がんにより失われており、ワクチン被害者の会による国家賠償請求訴訟が終わるまでに10年かかると言われていて、つまり、国賠が終わり子宮頸がんワクチンが最短で接種されるようになっても、それまでに10万個の子宮が失われるという意味でつけられたそうです。
    テレビや新聞などでよく見られた車椅子の少女たちの症状が子宮頸がんワクチン接種による被害というニュースは、全く科学的な根拠のない事だということが、本書を読むことでわかります。
    特に2章で読むことのできる信州大学の池田修一氏による子宮頸がんワクチンが脳に障害を与えているという捏造には、本当に呆れかえりました。終章の間違った治療法に翻弄された少女たちのインタビューでは、実態がよく分かり胸を突かれる思いがしました。
    この本がきっかけになって、日本の女性たちに明るい未来がくることを願っています。

  • 子宮頸がんワクチンとその「副作用」に関する騒動はなんとなく知っていて、ワクチン接種と副作用とされる症状の間に因果関係を示す科学的な証拠が見つかっていないことも理解はしていた。
    モヤモヤしていたのは、証拠がないのになんでワクチンが原因という話になっているのかよくわからない上に、ワクチンの定期接種が止まっていると聞いたからだ。
    もちろん、因果関係を証明できない=因果関係がない、ではないから、ワクチン接種をためらう気持ちはわかる。であればなおさら、ワクチン有罪説の根拠が重要だし、根拠があるならその根拠が科学的に肯定/否定できない理由がわからない。

    というわけで、この件で知りたかったことが2つ。
    その1。そもそもいろいろな症状がワクチン接種の副作用だ、という話がいったいどこから出てきたのか。その根拠はなんなのか。
    その2。なぜ統計解析を行わないのだろうか? ワクチン接種群と非接種群で「副作用」の発現頻度を確認したら、ワクチンのせいかどうかすぐわかるだろうに。

    読んでびっくりしたのだが、「その2」についてはすでに名古屋市の調査結果が出ているという。結果はシロ。つまり「副作用」の発現頻度にワクチン接種との相関関係が認められない。
    「その1」については残念ながら本書ではよくわからない。ワクチンは無関係という立場で書かれている本だから当然なのかもしれないが、そこを知りたかったのだけれどな。ちょっと検索してみたらワクチン有罪説の本が相当あるみたいなので、そっちを読んでみよう。
    ちなみに、ワクチン有罪説を唱える池田教授の論文には問題があると著者が指摘したので、両者の間で訴訟に発展しているそうだ。当事者には面倒なことだと思うが、白黒つけるのは良いことだ。ただ、ちょっと気になる点がなくもない。法廷というのは論文の科学的な評価にまで踏み込むんだろうか? 論文は正しいか間違っているかちょっとわかんないけど、悪口言ったのは確かだからアウト、みたいなことにならないだろうか?

    ワクチン有罪説の根拠がわからないので結論は保留するが、本書を読んだ限りではワクチン有罪説は分が悪そうだな。
    というわけで、科学と理屈で決着がつけばすっきりするわけだが、そうはいかないのがこの件の気持ち悪いところだ。
    名古屋市の統計調査の結果は一度公開されたあと、うやむやのうちに非表示になってしまったそうだし、本書の出版もかなりもめたらしい。理屈はともあれ、ワクチン怖いという人が多いなら定期接種の停止はやむを得ないとは思うが、客観的な調査結果や、科学的な裏付けのある主張を隠蔽する動きというのはアホかいとしか思えない。
    なお子宮頸がんワクチンは当事者が望めば打てるらしい。ちょっとホッとした。

  • 490

  • 詐病ならいいけれど,患者さんが原因を偽ることで本当にすべき治療が遅れるのならそれはこわいことだと感じていました.でも事態はもっとひどいことだったのですね.朝日新聞を取るのをやめようかとも思いました.マスコミは本当に信用ならない.もっとこの本が読まれることを祈ってます.

  • 色々と騒がれていた中、イギリスで賞をとったとのニュースを聞きました。
    子宮頸癌ワクチンの問題は、医療の問題ではなく日本社会の縮図であるという著者の考えに賛同できます。
    年ごろのお子さんをお持ちの方には、ぜひ読んでいただきたい一冊。そして、お子さんのためにご家族で考えて見る必要がある課題だと思いました。

  • 子宮頚がんワクチンに薬害があるとする主張に対して、この本は色々な観点から科学的、医療的な観点から丁寧に反証していきつつ、薬害問題が起きる社会的な背景を鋭く指摘している。
    世のニュースやらsnsやらで薬害を主張する人は須らく陰謀論的で大雑把であることと比べると、筆者はとても誠実で公正である。
    自分は医療について専門知識を持っていないので、やはり誠実で公正な人の主張が正しいのだろうなと思ったりした。

    あとがきで、子宮頚がんワクチンの問題は医療問題では無く社会問題であると書かれていた。政治家や政治的な活動をしている人のごく一部には、お金のため、もしくはやりがいとか趣味という意味のライフワークとして社会問題を生活の糧として必要としている人がいる。
    思春期の女の子で色々な理由で体調を崩して苦しんでいる人が、そういう人たちの食い物にされているというのは義憤に堪えない状況で、そういう状況を良くするために、あらゆる障害に負けず、長年に渡って地道な取材を続けている筆者には尊敬の念以外は抱きようが無い。

    とにかくとても良い本でした。子宮頚がんワクチンの問題のみならず、日本社会、もしくは人間社会全般を考えるヒントにもなった。

  • ワクチンの副作用も一部にあるけど、全体では益がある、という話かと思ってたら、ワクチンなくても発生する症状がワクチンのせいにされている、というもっと深刻な話だった。著者はややエキセントリックな方なのかと遠巻きに見ていたが、これはやむを得ないと思った。官も学もメディアもなかなか強くポジションを取らない状況を声の大きい活動家が悪用する。どうすれば防げるのだろうか…

  • 良著
    子宮頸がんワクチンの副反応を訴えている医師や専門家が発表していることを、論理とエビデンスで論破し、副反応とは言えないことを主張。
    やりとりや反論の考え方、エビデンスを細かく記載しており、論理的。逆に薬害と訴える方は、被害者(と言われる)の方々の症状で、統計学的なエビデンスに欠けることが分かった。
    (思春期に痙攣や、四肢の不自由などが普通でもあることに驚き。心因性(プレッシャーなど)によるものが多いとのこと。)
    症状が出ている方は気の毒だとは思うが、この本を読む限り薬害とは言い切れないのだと思う。
    ワクチンが効く効かないは別問題。

    マスコミが子宮頸がんワクチンの副反応のみ被害者にスポットを当て、他ではワクチン推奨してるのが疑問。

    国の専門家として研究している池田氏が国立大学の一教授と言うだけでなく、副学長かつ医学部長と言う立場、国税を使って研究している立場でありながら中立な研究をせず、子宮頸がんワクチンが副反応を起こしているというミスリードをしたのはなぜか?メリットあるのか?
    p143〜 2011年信州大学学部選に敗れたところで、厚労省の研究に採択された。そこから息を吹き返し、12年には毎日新聞の信毎賞受賞、14年には学部長選で当選。子宮頸がんワクチンによる自己免疫の話を始めたのもこの頃。15年学長選出馬、落選も副学長に。メディア好き。世論を使って上を狙っている。

  • 東京大学農学生命科学図書館の所蔵情報(紙媒体)
    https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_link/bibid/2003419638

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

医師、ジャーナリスト。一橋大学社会学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了後、北海道大学医学部卒業。世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局の新興・再興感染症チームなどを経て、現在、現役の医師として活躍するとともに、医療問題を中心に幅広く執筆中。京都大学大学院医学研究科講師として、サイエンスジャーナリズムの講義も担当している。2014年に流行したエボラ出血熱に関する記事は、読売新聞「回顧論壇2014」で政治学者・遠藤乾氏による論考三選の一本に選ばれた。2017年、子宮頸がんワクチン問題に関する一連の著作活動により、科学雑誌「ネイチャー」などが共催するジョン・マドックス賞を日本人として初めて受賞。本書が初の著書となる。

「2018年 『10万個の子宮』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村中璃子の作品

10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×