金子國義の世界 (コロナ・ブックス)

  • 平凡社
3.58
  • (4)
  • (9)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582634396

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金子國義展 遊戯の果てに
    2013/2/9(土)~2/17(日)
    Bunkamura Gallery
    http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/130209kaneko.html

    平凡社のPR
    澁澤龍彦にその才能を見出され40年。清方、雪岱、バルテュス、ベルメール、コクトー、アヴェドンなどに触発された“エロスの画家”の代表作と、美意識が結実した自宅インテリアを公開。「」

  • 金子國義のアトリエの写真がたくさん。和と洋(歌舞伎のブロマイドとヴォーグ誌)、可愛らしいぬいぐるみと虫の標本、一見、合わなそうな物たちが混ざって調和して溢れている雰囲気が素敵。

  • サイン入り

  • 好きですね〜この人の世界。
    金子國義のエッセンスがいっぱい詰まってます。
    ただもう少し、読むところが多くても良かったのに。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1936年生まれ。画家、装幀家、舞台美術家、デザイナー。歌舞伎舞台美術家の長坂元弘に師事。澁澤龍彦の依頼で『O嬢の物語』の挿絵を手がけたのち、67年「花咲く乙女たち」で画壇デビュー。著書に、『金子國義の世界』など。

「2015年 『美貌帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子國義の作品

ツイートする