赤羽末吉: 絵本への一本道 (222) (コロナ・ブックス)

制作 : コロナブックス編集部 
  • 平凡社
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582635218

作品紹介・あらすじ

『スーホの白い馬』で知られ、日本人ではじめて国際アンデルセン賞を受賞した赤羽末吉。50歳でデビューし、自由な筆致と緻密な設計で「こころ」を描いた作家の作品と生涯を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 赤羽末吉の「絵本への一本道」が伝わる解説書。随時読み返したい。こどもたちへの読み聞かせにもその想いが伝えられたらなぁ。
    巻末に絵本著作リスト・略年譜あり。

  • 生誕100年 赤羽末吉展1 | インターネットミュージアム
    https://www.museum.or.jp/event/66982

    赤羽末吉 - 平凡社
    https://www.heibonsha.co.jp/book/b506991.html

  • 入念な調査と絵へのこだわりがありつつ、子どもには「無造作に」見てもらいたいと考えていた赤羽さん。その思惑に、子どものころはまんまとはまり、ごはんとか空気みたいに、あなたの絵本を読んでましたよ。

  • 赤羽末吉さんとその仕事。

    「絵に深さももちたい。
    高さももたせたい。
    強さもやさしさももちたい。
    そうしたものをもって壮大なロマンをかきたい。
    そういう絵本をかいて子どもに無造作にみてもらいたい。
    それが私の念願である。」

    赤羽さんの背景を写真、スケッチ、当時の文章、時代背景も合わせて見ていく。
    お子さん2人の対談が、巻末にある。

    1作1作、丁寧におもいをこめて、作り上げてこられたのだなあと、あらためて知る。
    満州・中国時代の貴重な絵も。
    申し訳ないと招かれるまで、中国には行かなかった赤羽さん。


    『へそもち』大好きな作品の1つなんだけど、創作だったのか!再話だと思ってました。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
村田 沙耶香
ヨシタケシンスケ
R・J・パラシオ
ヨシタケシンスケ
トーンテレヘン
南陀楼 綾繁
ヨシタケ シンス...
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×