手塚治虫論

著者 :
  • 平凡社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582663112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現・同志社大学教授の竹内オサム先生による手塚治虫論。確固たる研究者の視点というか、その冷静な分析には読んでいて「確かに!」と唸らされること多数。10の切り口から、手塚治虫の漫画を読み解いていきます。

    ?科学的知性と神話の枠組み
    ?ロボットと人間の悲劇
    ?空と海の想像力
    ?ストッキングのエロティシズム
    ?普遍の母と変容する女性
    ?分身の発想
    ?虫の生活
    ?戦争と週末の予感
    ?幼年マンガと劇画
    ?映画的手法・再考

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

*2015年12月現在同志社大学社会学部メディア学科教授

「2016年 『マンガ文化 55のキーワード』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内オサムの作品

手塚治虫論を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする