大いなる小屋―江戸歌舞伎の祝祭空間 (平凡社ライブラリー)

著者 :
  • 平凡社
4.11
  • (5)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582760422

作品紹介・あらすじ

橋を渡って芝居へ行く。櫓や看版、鼠木戸、桟敷、船、幕…。また役者の名や紋-この世界を構成するさまざまなもの・ことの意味を解き、失われた近世の芝居小屋=祝祭空間を再現する、の精神史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これ、面白い。歌舞伎について詳しくなくてもわかる!

  • この一冊には、私が思う歌舞伎のすべてがあります。
    演劇的体験を、かかっている舞台表現だけで云々することをあまり信じていない私にとって、「劇的なるもの」とは常にその場の力学だったりします。
    かかっている場所、小屋、客たちのテンション、そして役者含めたつくり手のテンション…。
    江戸という時代、歌舞伎がどんな体験だったのかを想像することは、即ち歌舞伎をしること!
    歌舞伎入門書としても、絶対のオススメ。

  • ステレオタイプ的な江戸の歌舞伎を一蹴した一冊。修論ではお世話になりました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部卒業。国立劇場芸能調査室主任専門員、千葉大学教授、日本女子大学教授等を経て、千葉大学名誉教授。2007年没。おもな著書に、『市川団十郎』『江戸歌舞伎の美意識』(平凡社)、『大いなる小屋』(平凡社、講談社学術文庫)、『歌舞伎のキーワード』『歌舞伎ことば帖』『宿神論』(岩波書店)、『江戸の芝居絵を読む』(講談社)など。

「2020年 『市川團十郎代々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

服部幸雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×