精神現象学上 (平凡社ライブラリー)

制作 : 樫山 欽四郎 
  • 平凡社
3.19
  • (5)
  • (4)
  • (35)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 251
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (491ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582762006

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 哲学・思想史でヘーゲルの名を不朽のものとしている名著。本訳では、序論、緒論、「意識」、「自己意識」、「理性」を上巻に収める。序論では、ヘーゲルの学の理念が語られる。それ以降は、精神の現象学すなわち「意識の経験の学」が展開されるが、それはあらかじめ不動の観点に立って意識を観察するというものではない。むしろ、意識の形成を「感覚的確信」から、あたかも意識を遍歴していくように、各々の観念を展開しては廃棄していく。そうした運動こそが「概念」であるというヘーゲルのテーゼは、概念についての概念の変革を企てたものだと理解できるだろう。意識がいかなる経験を経て、究極的にいかなる境位にたどり着くのか、それが「精神」「宗教」「絶対知」で明かされるだろう。

  • 仏教の唯識論が西洋において展開されたように感じるのは私だけだろうか。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(佐藤優選)3
    宗教・哲学についての知識で、人間の本質を探究する
    …弁証法…努力して真理をつかんだと思っても、その限界が直ちに明らかになる。…ヘーゲル哲学の魅力が本書に凝縮されている。

  • ヘーゲルかっけー

  • 未読

  • ただでさえ難しい内容の上、専用の辞書がいる直訳調の翻訳。「即且対自的」「自独存在」「対自存在」って言われて何のことだかわかります?長谷川宏「新しいヘーゲル」「『精神現象学』入門」、西研「ヘーゲル 大人のなりかた」を脇に置いてなんとか上巻は読み通す。★五つは読み通した自分へのご褒美。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

(Georg Wilhelm Friedrich Hegel)
1770年、南ドイツのシュトゥットガルトで生まれ、テュービンゲンの神学校で哲学と神学を学んだのち、イエナ大学講師、ハイデルベルク大学教授、ベルリン大学教授となる。発表した本は6点、翻訳『カル親書』(1798年)、小著『差異論文』(1801年)、主著『精神現象学』(1807年)、大著『論理学』(1812–16年)、教科書『エンチクロペディー』(1817年、1827年、1830年)、教科書『法哲学綱要』(1821年)である。1831年にコレラで急死。その後、全18巻のベルリン版『ヘーゲル全集』(1832–45年)が出版される。前半は著作集で、後半は歴史・芸術・宗教・哲学の講義録である。大学での講義を通して「学問の体系」を構築し、ドイツ観念論の頂点に立って西洋の哲学を完成した。

「2017年 『美学講義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

精神現象学上 (平凡社ライブラリー)のその他の作品

G.W.F.ヘーゲルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
J‐P・サルトル
キェルケゴール
エーリッヒ・フロ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

精神現象学上 (平凡社ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする