伊予の山河 (平凡社ライブラリー)

著者 :
  • 平凡社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582764673

作品紹介・あらすじ

遠く石鎚山を望み、伊予の街を歩く。畦地梅太郎は、久方振りに故郷の地を廻った。変わりつつある街の風景の中に、味わい深い風物と人の姿を見出し、故郷への愛を確信する。『山の眼玉』『山の出べそ』に続く、滋味溢れる異色の画文集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【いちぶん】
    和霊神社の森は、いつ見ても、鬱蒼として見事なものだが、御幸橋の手前の大鳥居のあるあたりは、お世辞にも神苑とはいいにくいもので、なんとなく、取り散らかしてあるといいたいところだ。

  • 2019/7/14購入

全2件中 1 - 2件を表示

畦地梅太郎の作品

ツイートする
×