釈尊の生涯 (平凡社ライブラリー)

著者 :
  • 平凡社
4.00
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582764789

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伝説、神話に彩られたお釈迦様、ではなく、人間ゴータマブッダの生と死に迫ろうとする名著。

  • 神格化された釈尊像を打ち砕く小論。私はまとまった教義無き仏教という考え方が好ましく感じる。最後の結びの1段落は名文です。心を静かに打ちます。

    ・仏教の出発点が種々に異なって伝えられているという点に、重大な問題と特性がある。
    ・あまねく人々に対して教えを説くということは、当時のインドとしてはまさに未曾有のことであった。
    ・「二人して一つの道をゆくことなかれ。始め善く、中ごろ善く、終わりも善く、理と文とそなわれる法を説け。」
    ・仏教教団が拡大した経済的要因。貨幣経済の進展。
    ・ヴァッジ人の民主主義性、人権文化。
    ・ゴータマの旅行は少人数だった。
    ・釈尊の教祖性の否定。
    ・釈迦が死去する際の世界の美しさへの感嘆。
    ・「正理と法の領域のみをあゆんできた。これ以外には道の人なるものも存在しない。」

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1912年、松江市に生まれる。東京大学文学部印度哲学科卒。東京大学教授、東方研究会理事長、東方学院長などを歴任。文学博士。印度哲学、東洋文化・思想の分野で多大の業績を残す。勲一等瑞宝章受賞。文化勲章受章。1999年、逝去。

「2019年 『増支部経典 第七巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村元の作品

釈尊の生涯 (平凡社ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする