増補 小さなものの諸形態 精神史覚え書 (平凡社ライブラリー)

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 市村弘正
  • 平凡社 (2004年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582764963

作品紹介

「消滅へ向かいつつある存在とは、「今日の人間」全体ではないか。人類とは潜在的少数派ではないのか。」バルトークからシモーヌ・ヴェイユまで、いくつかの断片に即して二十世紀という時代の経験を読み解き、思想態度のかたちを問う、十四篇の「考える言葉」。今日なお救い出すべきものを探りあてる批評的実践。

増補 小さなものの諸形態 精神史覚え書 (平凡社ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しばらく忘れていた「思考する」ということの大切さを思い出させてくれる書。
    よくわからない(自分の理解が及ばない)論考もいくつかあったが、個人的には「文化崩壊の経験」と「小さなものの諸形態」、「落下する世界」が白眉。

  • このエッセイ集に収められた「友情の点呼に答える声」を20代始めに読んだことがあるのだが、ただただ衝撃の一言だった。市村弘正の思考は、奪い去られたもの、踏み躙られたもの、小さなものに対して一貫して向けられている。それは甘っちょろいヒューマニズムや博愛的なものとは無縁の、自らが「踏み躙った側、踏み躙るのを許した側」であることを自覚しその痛切な反省と批判から来るものだ。二十世紀と言う時代が上げた声無き悲鳴に耳を傾け続け、その痛みを救い上げたような言葉がここにある。どこまでも勇気付けられる。個人的に、本当に大切な一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

市村弘正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
國分 功一郎
谷崎 潤一郎
J.L. ボルヘ...
ウィトゲンシュタ...
ドストエフスキー
ウラジーミル ナ...
アゴタ クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印

増補 小さなものの諸形態 精神史覚え書 (平凡社ライブラリー)はこんな本です

ツイートする