荷風のあめりか (平凡社ライブラリー)

著者 :
  • 平凡社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582765601

作品紹介・あらすじ

荷風文学の核心、若き日のアメリカ体験とは何だったのか。『あめりか物語』『西遊日誌抄』など、徹底したテキスト解読と現地踏査によって、まったく新しい荷風像を浮かび上がらせ、話題を呼んだ画期的評論。「性愛」と「非戦」の思想の謎に迫る書き下ろし二章を増補した決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2019年1月読了。
    「洋行」がまだ国家や一部の有力資本の独占的なイベントで、帰朝者にはそれだけで選良のレッテルを貼られる頃に、永井荷風は誰よりも先駆けて野暮ったい洋行の「意味」から自分を解き放ち、自由や独立を勝ち取ったバカボンドだった。
    ただこのバガボンドは「言語=文学」という制約条件があるがために、やがて帰国して自分を「江戸戯作者」という身分に「落として」、帰らぬ江戸の昔に遊ぶしかなかった。
    翻って最近はやたらと「国を愛する」だの「〇〇国を守る」だのと威勢の良い言辞を持て囃し、自分にとっての「外縁」に敵意という劣情を燃やしている向きが多いが、そんな向きこそ愛情や他人へ眼差しが不足しているのだろうとぼやかざるを得ない。

  • 存在そのものをまなざしとして、ひたすら歩き見つめ「書く」荷風が生成される原点としての「あめりか」体験。米国での恋愛と仏の自然への憧憬を断念しつつ、精神は仏&モダンアメリカを、しかし生活実践は日本&日本語という自己内所属を選ぶことで「書く」ことをつかみ取る。

全2件中 1 - 2件を表示

末延芳晴の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×