人間とヘビ かくも深き不思議な関係 (平凡社ライブラリー)

  • 平凡社
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582765847

作品紹介・あらすじ

健康、不死、知恵などの一方で、罪悪、不誠実、誘惑…を象徴するヘビ。これほど興味深い畏怖と愛憎の対象は他にない。本書は、先史時代から現代までの、人間とヘビの複雑で実に奇妙な関係を踏査する。名著『裸のサル』で知られるモリスの、若き時代、夫妻による衝撃のデビュー作!隠れた傑作の本邦初訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蛇の象徴を論じる本.細かいことは覚えにくいが,非人間性が高い(無表情とか)ので,昔から注目を浴びらせている.いろんなイメージがある.また動物性についても論じたが,読む時間がないため放棄

  • 人類の…主に西洋人の、蛇との関わりの歴史。

    パンダの時も思ったけれど、よくここまで調べたな!モリスの知識欲にはいっそ執念のようなものを感じる。

    でも私もそうなりたい。

    蛇かわいいなぁ。

  • 2006年12月29日

全3件中 1 - 3件を表示

R.&D.モリスの作品

ツイートする