現代語訳 榎本武揚 シベリア日記 (平凡社ライブラリー)

著者 :
制作 : 諏訪部揚子  中村喜和 
  • 平凡社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582766974

作品紹介・あらすじ

幕末、五稜郭の戦いで敗れた榎本武揚は、のち明治政府に登用され、全権公使としてロシアへ。任を終え帰国する彼は、シベリア回りを選択、日露両国の将来を展望し、この北の大地の風景、物産、産業、民俗、交通その他、万般を観察、じつに興味深い日記を残した。本書は、人名・地名をはじめ懇切な注を加え、現代語訳で、この稀代の人物の旅に同行する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 資料 榎本武揚、新人物往来社版で読んだ。唯一面白かったのは、虫刺されで目が腫れるというところであった。

  • 資料番号:011148574 
    請求記号:292.9エ

全2件中 1 - 2件を表示

榎本武揚の作品

ツイートする
×