こぐこぐ自転車 (平凡社ライブラリー)

著者 :
  • 平凡社
3.60
  • (8)
  • (10)
  • (12)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 102
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582767223

作品紹介・あらすじ

鳥をうったり、碁をうったり、面白いことばかりにうち興じて古稀の手前、伊藤先生は自転車を始めた。病みおとろえた細腕・細脚に筋金を入れ、街中の危険をよぎり、田舎の急坂であえぎ、世の荒波を乗り越えて、ついにはお仲間引き連れ北海道自転車旅行に!-自転車文学シーンを一新した傑作エッセイの待望のライブラリー化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2022/11/23

  • こんなに笑った本は久しぶり。傑作!

  • 著者は「チャタレイ裁判」の伊藤整の次男。本業は英文学の模様。
    30年間、京王井の頭線の「久我山」から西武池袋線の「江古田駅」付近の大学へ、クルマで通勤遊ばしたそう。…確かにこりゃ、電車で通うのは不便な位置関係だわ。引っ越すって選択肢はなかったのか?(笑)
    川沿いにはたいてい遊歩道がある…ってなるほど。確かに、幹線道路で怖い思いをしながら走るより、ずっと快適なハズ。ちなみに筆者愛用のDAHON社のHelios SL、最終的にはペダル抜きで8.7キロにまでなったよう。軽いなあ!

    街田の小野路でパンクして鶴川まで押して行く話があって、近所なんで明日の我が身…と思ってたら、なんとあそこの小野神社、小野篁を奉っているそうな。知らんかった…。

  • 自転車エッセイ。

  • 68歳の教授がいつもはクルマで通う大学へ何を血迷ったか、ある日突然自転車で通勤する。12.5kmの道のりだったが早くも2kmでへばり、フラフラになりながら命からがら辿り着いた顛末(てんまつ)が中高年初心者サイクリストに勇気を与える(笑)。
    https://sessendo.blogspot.com/2018/09/68.html

  • 60代から自転車にはまった著者。折りたたみ自転車から始まり、クロスバイク、MTBまで購入して、都内だけでなく、仲間と北海道まで走りに行くようになる。というと、元気な老人の健康エッセイみたいだけどそんなことはなくて、ひと言多い、理屈屋っぽい戦前生まれの著者が、脳内で好き勝手なことを、忖度なくつぶやく様が描かれる。文章がとても軽快で、相手や自分への無遠慮なツッコミなど、宮田珠己氏のエッセイに通じるものがあると思った。これを見て自転車を始めようって気にはならないだろうけど(笑)、自転車乗ってる人が読むと、くすりとさせられることは保証付きだろう。かく言う私もそうだった。

  • 面白かった!
    ちょこちょこ声を出して笑ってしまった。
    しかしこの程度を毒舌と云うひとが多いのは意外。
    私は品のいいユーモアとして読んでた。

  • じじいだな...
    人生楽しんでるじじいだな...

  • 本の雑誌増刊「2011年度 文庫ベスト10」

    4位

  • 著者が定年になる間際に初めた自転車に関する日記。
    まさに日記という感じ。全体的に読み物としては少し物足りない印象。でも北海道ツーリングのくだりは広大な情景が想像できて、いいな〜うらやましいなと思った。

全18件中 1 - 10件を表示

伊藤礼の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×