四書五経―中国思想の形成と展開 (東洋文庫 (44))

著者 : 竹内照夫
  • 平凡社 (1965年6月発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582800449

作品紹介

参考書: 257-260p

四書五経―中国思想の形成と展開 (東洋文庫 (44))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 四書五経ー『書経』『易経』『礼記』『詩経』『春秋』『論語』『孟子』『大学』『中庸』についてざっくりとまとめられ、それらがどう伝承され、現代日本にどのような影響を与えたかまで解説されている。
    260P
    上記の内容がコンパクトにまとめられているとってもありがたい本でありつつ、ちょっと痒いところに手が届かない感もあり、もっと知りたければそれぞれの解説本や訳本に当たりましょうといったところ。
    『春秋』は読み方のテキスト付きじゃないとあまり意味がなくて、しかもテキストによって解釈が違う、とか当時の知識人すごいな、って思いました。

全1件中 1 - 1件を表示

四書五経―中国思想の形成と展開 (東洋文庫 (44))のその他の作品

竹内照夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
デール カーネギ...
シーナ・アイエン...
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

四書五経―中国思想の形成と展開 (東洋文庫 (44))はこんな本です

ツイートする