パレード

著者 :
  • 平凡社
3.43
  • (56)
  • (126)
  • (283)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 700
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582829969

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/06/07 読了
    10分ほどで読み終わってしまう(笑)

  • 夏に和室でそうめんが食べたくなる本

  • センセイとツキコさんの、いつかの夏のある日を切り取ったお話。

    いろいろと思ったことを書きたかったけど、浮かんではすぐ消えてしまってうまく書けない。

    吉富貴子さんの絵がとても良い雰囲気を醸し出していました。

  • 今すぐにそうめんを食べたくなりました。なんて素敵な薬味たち……。
    白昼夢をみているような、夢心地の物語でした。
    天狗。天狗。

  • もう少ししてからまたよみたい
    吉富貴子さんの絵が非常によい

  • 「センセイの鞄」のセンセイとツキコさんの ある日のお話です。
    また、これが素麺美味しそう。
    もう、ほんと食べ物 美味しそうでたまりません。
    なんだか懐かしい気持ちで読みました。
    センセイとツキコさんが、またソコにいて。
    あぁ、やっぱ2人はいいなぁ・・・と思う。
    薄い本なので あっと言う間に読めちゃいます。
    もっと読みたいけど。
    川上弘美さんの世界はやはり独特ですね。
    (もちろん先に「センセイの鞄」を読んでいただきたい)

  • センセイの鞄のセンセイとツキコさんのお話。


    この二人の関係はほっこりしてて大好きなんだよなぁ。

    こんな関係、すごくいい。癒し。

  • センセイの鞄を読んでいないので分からなかったことも多かったけれども、何だが神話を読んでいる気分になった。
    掌の体温が良い。

  • 「センセイの鞄」の番外編って聞いてたので期待しすぎてしまったみたいです(笑)
    私はセンセイの鞄だけで良かったかな。これはこれで良かったとは思いますが、これといって必要ではなかったです。まぁ一番の要因はセンセイの鞄を読んでから大分間を開けて読んでしまったことでしょうな^^;

  •  なんと、「センセイの鞄」の番外編があったとは。

     ほんっっっの短編だけど。
     
     いじめてる張本人と、周りの見て見ぬふりする人、
     同じ?それって。

全160件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』で紫式部文学賞とドゥマゴ文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞、16年『大きな鳥にさらわれないよう』で泉鏡花文学賞を受賞。ほかに『龍宮』『光ってみえるもの、あれは』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『ざらざら』『風花』『七夜物語』『猫を拾いに』など著書多数。

「2018年 『100万分の1回のねこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パレードのその他の作品

パレード (新潮文庫) 文庫 パレード (新潮文庫) 川上弘美

川上弘美の作品

ツイートする