パレード

著者 :
  • 平凡社
3.43
  • (56)
  • (126)
  • (283)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 700
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582829969

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ソーメンが食べたい。
     昔はそういうものがいると信じちゃう系男子だった僕には単純に懐かしい話でした。絶対いたし、会話していたと思う。

  • 「センセイの鞄」の続編。
    とても短い話だったが、「センセイの鞄」の、濃くは無いけれどほどよい暖かさの雰囲気が全体に漂っていて、読んでいるうちにとてもくつろいだ気分になれた。
    現実と幻の入り混じった、ツキコさんの子ども時代の話は読んでいて懐かしい気分になれた。

  • 再読。ツキコさんとセンセイは永遠…

  • 2003年3月19日読了。

  • 絵本みたい。
    センセイの鞄を読んでいないのに読んだ。
    天狗がかわいくていとしくて、ぼんやりあったかくなった。
    だいすきな本。

  • センセイとツキコさん、二人の間にある空気感が凄く好き。

  • 2011/01/14 「昔の話」より、センセイと素麺を食べている場面が好き。

  • 2010.08.20

    「センセイの鞄」のセンセイとツキコさん。
    この二人のかもしだす雰囲気はいいなぁ。

  • 「センセイの鞄」のツキコさんの小さい頃のお話
    天狗がいます

  • 「センセイの鞄」の番外編.
    番外をそれと知らず本編より先に読んでしまうこと幾千度……あーあ.

    温かく,それでいて人間の深層を付くような抽象.素敵です.
    子供の物語が時折ものすごく残酷に見えることにも似ているけれど,根幹に温かい幸福が満ちているから,騙し騙し受け入れて読んでしまう.自分の中の防御壁がするっと剥がされてしまう不思議な感覚.

    欲を言えば,もう少し掘り下げた表現が見てみたいなあ.
    と思ったけれどこれは番外であるからその点我儘を言うわけにいかない.

全160件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』で紫式部文学賞とドゥマゴ文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞、16年『大きな鳥にさらわれないよう』で泉鏡花文学賞を受賞。ほかに『龍宮』『光ってみえるもの、あれは』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『ざらざら』『風花』『七夜物語』『猫を拾いに』など著書多数。

「2018年 『100万分の1回のねこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パレードのその他の作品

パレード (新潮文庫) 文庫 パレード (新潮文庫) 川上弘美

川上弘美の作品

ツイートする