パレード

著者 :
  • 平凡社
3.43
  • (57)
  • (126)
  • (283)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 702
レビュー : 160
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582829969

作品紹介・あらすじ

夏の午さがり、ツキコさんがセンセイに物語る、幼い日のできごと…。「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。「センセイの鞄」のサイドストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2019/4/2読了)
    図書館でまだ読んでない川上さんの本を見つけたら、センセイの鞄のサイドストーリーでした。
    前作を読んだのが9年前なので、細かなことは覚えてないけど、ふわっとした優しい空気感は覚えてる。
    《センセイのてのひらが離れて、わたしのてのひらが淋しくなった。》こういう感性が好きなのよね。
    ドラマを観た時も、本を読んだ時も、そこにない部分を想像したり、続編にならないかなと期待したり。
    作者さんでも、ましてや自作でも、そう思うことってあるんだな。

    (内容)
    夏の午さがり、ツキコさんがセンセイに物語る、幼い日のできごと…。「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。「センセイの鞄」のサイドストーリー。

  • センセイとツキコさんが出てきてびっくりした。『センセイの鞄』の、ちいさなスピンオフ作品だったのだな。

    センセイとツキコさんの柔らかな夏の日のくだりも良かったし、ツキコさんの語る子供の頃の不思議な話も好きだった。

    何より、想定と挿絵が素敵で、本としてとても可愛くて良いものだと思った。

  • センセイとツキコさんのあいだの雰囲気がすき。
    ゆう子ちゃんとのこと、心境も少しわかる気がする。

  • 「センセイの鞄」の番外編。

  • センセイとツキコさんのやさしい日常
    だいすきなひとの息づかいを感じること
    その手に自分の手を重ねること

    話をきいて答えてほしいのではなくて
    ただ
    となりに寝転がって
    意識がいったりきたりしながら流れる
    その静かな時間

    だいすきなひとが在ることが
    こんなにも愛おしい気持ちを湧きあがらせる

    もっともっと
    このふたりの物語に触れたかった
    わたしのだいすきなふたり

  • ツキコさんとセンセイにもう一度出会えて良かった。
    この二人がとても好きです。

  • あとがきも素敵だった。

  • センセイの鞄の番外編。本編で語られることがなかった、センセイとツキコさんの日常のひとこまです。そうめんでお腹がくちくなったセンセイとツキコさん、手を重ね合わせまどろむうちに、ツキコさんが過去を回想する。ツキコさんが子どもの頃に体験した少し不思議な話。読者は二人の微妙な距離、付かず離れず、淡く濃い雰囲気が醸されるのを暖かく見守ることになる。

  •  『センセイの鞄』のセンセイとツキコさんにまた会えることが嬉しい本作。一緒にお素麺を食べて、二人で畳に寝転びながらツキコさんの昔話を聞くセンセイ。この空気感に本当に癒される。穏やかで温かくて、それでいてときめかせてくれるセンセイがニクい。ツキコさんの昔話は小学生特有の残酷さと幼稚さが詰まっていて泣きそうになったけど、ゆう子ちゃんはきっと素敵な女性になっているだろうと思う。

  • 小説の登場人物の、小説に描かれなかった、あったかもしれない日常。考え方もお話も素敵です。

  • 2015/06/07 読了
    10分ほどで読み終わってしまう(笑)

  • 夏に和室でそうめんが食べたくなる本

  • センセイとツキコさんの、いつかの夏のある日を切り取ったお話。

    いろいろと思ったことを書きたかったけど、浮かんではすぐ消えてしまってうまく書けない。

    吉富貴子さんの絵がとても良い雰囲気を醸し出していました。

  • 今すぐにそうめんを食べたくなりました。なんて素敵な薬味たち……。
    白昼夢をみているような、夢心地の物語でした。
    天狗。天狗。

  • もう少ししてからまたよみたい
    吉富貴子さんの絵が非常によい

  • 「センセイの鞄」のセンセイとツキコさんの ある日のお話です。
    また、これが素麺美味しそう。
    もう、ほんと食べ物 美味しそうでたまりません。
    なんだか懐かしい気持ちで読みました。
    センセイとツキコさんが、またソコにいて。
    あぁ、やっぱ2人はいいなぁ・・・と思う。
    薄い本なので あっと言う間に読めちゃいます。
    もっと読みたいけど。
    川上弘美さんの世界はやはり独特ですね。
    (もちろん先に「センセイの鞄」を読んでいただきたい)

  • センセイの鞄のセンセイとツキコさんのお話。


    この二人の関係はほっこりしてて大好きなんだよなぁ。

    こんな関係、すごくいい。癒し。

  • センセイの鞄を読んでいないので分からなかったことも多かったけれども、何だが神話を読んでいる気分になった。
    掌の体温が良い。

  • 「センセイの鞄」の番外編って聞いてたので期待しすぎてしまったみたいです(笑)
    私はセンセイの鞄だけで良かったかな。これはこれで良かったとは思いますが、これといって必要ではなかったです。まぁ一番の要因はセンセイの鞄を読んでから大分間を開けて読んでしまったことでしょうな^^;

  •  なんと、「センセイの鞄」の番外編があったとは。

     ほんっっっの短編だけど。
     
     いじめてる張本人と、周りの見て見ぬふりする人、
     同じ?それって。

  • (2002.04.27読了)(2002.04.26購入)
    (「BOOK」データベースより)
    夏の午さがり、ツキコさんがセンセイに物語る、幼い日のできごと…。「センセイの鞄」のふたりが過ごした、遠いこだまのような時間、もうひとつの物語。「センセイの鞄」のサイドストーリー。

    ☆川上弘美さんの本(既読)
    「物語が、始まる」川上弘美著、中央公論社、1996.08.20
    「蛇を踏む」川上弘美著、文春文庫、1999.08.10
    「あるようなないような」川上弘美著、中央公論新社、1999.11.07
    「椰子・椰子」川上弘美著、新潮文庫、2001.05.01
    「センセイの鞄」川上弘美著、平凡社、2001.06.25
    「神様」川上弘美著、中公文庫、2001.10.25

  • センセイとツキコさんの
    とある一日のお話。

    そう、『センセイと鞄』の二人。
    ・・・・・・・。

    そう、私はそちらの本にまだめぐりあってないのだよ!Σ(゚д゚;)
    でも・・・もし、この本で語られているようなお話の本なら
    わたしはとても好きだと思う。
    この二人なら、好きだと思う。

    なにより川上弘美さんの言葉づかいがとても好き。

  • 3駅分くらいでさらさらっと読めてしまいました。いい雰囲気。「センセイの鞄」読まなくちゃな。

  • おそうめん
    センセイの手
    二人の天狗

    「センセイの鞄」の 番外篇。
    まだ自分があらわれてくるのに手一杯だった頃の少女の
    ちいさなちいさな昔話。

  • ツキコさんは小さい頃、天狗が2匹(2人?)みえた。

  • 『センセイの鞄』のサイドストーリー。
    二人の日常が垣間見れて、ほわっとあたたかい気持ちになれました。
    でも取り立てて読んでも読まなくてもどっちでもいい話で、そういうスタンスの話を綴れるのもすごいな~と思わされました。

  • 初めての川上弘美さんの御本です。暖かくて柔らかくて何だろう、この気持ちは…と凄く凄く心の中に残りました。この方凄いです。引き続き御本を読んでいきたいです。

  • センセイとツキコさんの話。
    サイドストーリー。
    思いのほか短くてちょっとがっかり。
    でも二人の日常がふわふわゆるゆるしてて素敵だった。
    もっともっと読みたかったな。

  •  「センセイの鞄」のセンセイとツキコさんの、何気ない日常を切り取ったお話。
     ある日センセイに「昔の話をしてください」と言われたツキコさんは、小さな頃に起きた不思議な体験を語り出した。

     ふんわりゆるやかな日常がなんとも心地好良い。
     「センセイの鞄」ファンならぜひ読みたい1冊。

  • センセイの鞄は好きで何度も読んだけど番外編的なものがあったのか。

    川上さんらしいふわふわしたお話でいい雰囲気だった。
    ただツキコさんの昔話のお話しだからセンセイの鞄の続きみたいな期待をしてから読むと少し物足りない。

    あとこの絵の人好きじゃない。吉富貴子。絵がたくさんなのにもったいない。
    見開きいっぱいのちょんちょんは素敵だけれど。

全160件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

川上 弘美(かわかみ・ひろみ)
1958年生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』でドゥマゴ文学賞と紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞を受賞。ほかの作品に『風花』『どこから行っても遠い町』『神様2011』『七夜物語』『なめらかで熱くて甘苦しくて』『水声』などがある。2016年本作で第44回泉鏡花文学賞を受賞した。


「2019年 『大きな鳥にさらわれないよう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パレードのその他の作品

パレード (新潮文庫) 文庫 パレード (新潮文庫) 川上弘美

川上弘美の作品

ツイートする