漱石と仏教―則天去私への道

著者 :
  • 平凡社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582831191

作品紹介・あらすじ

漱石の仏教、とくに浄土教理解は年を追って次第に深まり、諸作品にも影を落とし、晩年の「則天去私」思想の形成にも影響をおよぼした。本書は、『漱石と落語』『漱石の京都』と同様に、漱石がわが国の伝統文化のなかから批判的に摂取したものを明らかにしていこうとする試みの一つである。平静な心と勇気とを求めて仏教と出会い、「則天去私」への道を歩んだ漱石の行動と内面の軌跡を、少しでも明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漱石は「死ぬか、気が違ふか、夫(それ)でなければ宗教に入るか。僕の前途には此三つのものしかない」とまで悩んだ。この悩みが数々の名作を生みだしたのだが、悩む漱石はどれほどの苦しみであったか。私のような凡夫には測りがたいが、それでも私にもそのような悩みがあるからこそ、夏目漱石に惹かれ続けるのだろうと思う。これからもずっと読み続けていくのは間違いのないところである。

  • 1150

全2件中 1 - 2件を表示

水川隆夫の作品

漱石と仏教―則天去私への道を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする